Q美容師の方に質問です。
真っ黒に染めるグレイカラーに、なぜオキシ6%を使うのでしょうか?

白髪黒髪が混じっている方を8レベルに染める場合は、リフト力が必要だから6%」
というのは
わかるのですが、
リフトする必要が無い場合も6%を使っています。

解決済み4
2013/12/19 16:13

ベストアンサーに選ばれた回答

A3%と6%では
6%の方が浸透力も高いような気がします。
それで3%よりも白髪が浮きずらいのと
真黒グレイカラーは、白を黒にする為、色素量が多いので
3%では、色素全部を発色しきれない。
より多くの色素を発色(酸化重合)させるためにも6%を使います。
(5%ならいけるかもしれない)
リフトする以外にも役目があります。
2013/12/19 17:41
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答3件
Aカラーは酸化反応です
過酸化水素から酸素を供給するために酸化力が必要なので発色を綺麗にするためには6%が必要な場合もあります
既染毛にカラーをする場合低アルカリのカラーを使うのが一般的ではありますがアルカリ度が高い薬剤が必要なケースもあれば6%が必要なケースもあります
もちろんそれらは薬の特性によるところもあります
オキシ濃度を上げる=明るくするというわけではないのです
2013/12/20 15:06
A美容師です。

撥水毛にオキシ3%で施術すると、白髪が浮きます。
恐らくアルカリによる膨潤が足りないのだと思います。(科学的に検証したわけではない)

なぜ、6%を使うかは白髪が染まらないから。です。
2013/12/19 16:54
A明るくするために必要なのは、ブリーチ”成分です。
OXではありません。

2剤式カラーは、酸化還元作用によって化学変化を起し染料を発色させます。
2013/12/19 16:43
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す