Q4日前に美容院に行きました
胸のあたりまであるロングでもう少し伸ばしたかったので、毛先を少し切り、髪の量が多いのですいてもらい、ワンカールのパーマを当てたところ次の日には右サイドの
パーマが取れさらに切れ毛が大量に発生しました
美容院に電話してみたところパーマは掛け直してもらえることになったのですが、切れ毛のことを話すと「髪は痛んではいない」と言われました
確かにずっと通っていて、パーマで髪が切れてしまうようなことがあれば施術前にきっと一言そう言ってくれただろうと思います
しかし、実際に髪はとても痛んでいるように感じます
今までの人生で経験したことがないのでとてもショックです
もし、痛みがひどく直らないのなら、その部分を切ってからやり直して欲しいとも伝えたのですが、美容師さんはパーマを当て直すのみのつもりのようです
このままパーマしてもよいものなのでしょうか?
切れ毛部分はそのままでもよいのでしょうか?
また、痛んでいるとしたらなぜ美容師さんはそれを認めないのでしょう?

よろしくお願いいたします

解決済み1
2012/12/12 20:55

ベストアンサーに選ばれた回答

A美容師さんは施術をするときに、あなたの髪になんらかの変化が起こると予想したり、施術できるかどうか見極めれなければいけません。

次の日にパーマが取れるのは早過ぎますし、切れ毛が大量発生というもの駄目ですね。

パーマをかけたことによって、シャンプーやブラッシング、寝ているときの摩擦とかで、たった一本だった命綱が切れたように、髪が限界を超えてしまって上記の事が起こったのでしょう。

パーマを当てなおすと傷んでもっと悲惨な髪質になると思います。
髪が悲鳴を上げているのでこれ以上は下手な事は止めた方がいいですよ。
自分の技術に自信のあるつもりの勘違いな頑固美容師さんなのではないでしょうか?
一度失敗されているなら信じない方がいいですよ。
私だったらそんな美容院へは二度と行きません。
もっと良い美容室は探せばいっぱいあるので。

あなたはお客様なのですから、「パーマで傷んでしまったのでかけたくないので切って整えて欲しい」と伝えて下さい。
傷んだ髪は切る以外に方法がありません。

1週間以内であればお直しできるはずです。
2012/12/15 09:22
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードから探す