Q美容師・理容師の方に質問いたします。

社会人になってからカラーは美容室でしているのですが、染めてい
美容師・理容師の方に質問いたします。

社会人になってからカラーは美容室でしているのですが、染めているときに頭皮がかゆくなったりします。
私は皮膚が弱いので、カラー剤やパーマ液をつける前に「皮膚弱いんです。」と言ったほうがいいのでしょうか?
また、液剤などを浸透させている間に、お客さんが何度も頭皮をかいたりしているのは気になりますか?
あと、皮膚の弱い人は、カラーやパーマはしないほうがいいのでしょうか?
皮膚の弱い人対応の液剤はあるのでしょうか?できればおしゃれを楽しみたいので。

ご回答をよろしくお願いします。

解決済み3
2006/10/28 22:13

ベストアンサーに選ばれた回答

A理容師で美容師です。
今時は頭皮の弱い方やアレルギーの方向きの製品も充実しています。
当店では過敏な方に合わせた薬液を使っています、他店でも同じだと
思いますよ、お客様の体質はお客様の自己申告でなければわかりません。
施術に入る前に自分の体質を技術者に十分話してください。
技術者はそれを踏まえて薬剤をチョイスします。
また施術中違和感を感じたら遠慮なくおっしゃってください、
我慢は禁物というより危険です。
あなたのオシャレ心を満足させるために美容師はいるのです。
遠慮はまったくいりませんよ。
2006/10/28 22:59

質問した人からのコメント

皆様ありがとうございます。今行ってる美容室は変えたくないので、皮膚が弱いときちんと言います。カラーは今度で最後にしようと思います。

2006/11/02 19:22
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答2件
A美容師ではないのですが。。
私も皮膚が弱くカラーをすると発疹がでたりしてかゆみもあったりしました。
「皮膚が弱い」ことは伝えて方が良いですよ。
何箇所かは、カラーする前に薬剤?オイルを頭皮にすりこんでカラーをしてもらいましたが私には、あいにくあまり意味がなかったようでした。
今、通っている美容院では,頭皮に直接つけないでやってもらっています。
嫌な顔されたらどうしようかとドキドキでしたが
嫌な顔ひとつせずにしてくれましたよ!!
本当は刺激を与えないのが1番いいと思いますがおしゃれしたいですものね!!
2006/10/28 22:22
A安全の為、あなたにはカラーリングはお勧めできません。
その店には、アンケートなど、カラーリングする前にカウンセリングなどはありますか?そのお店自体お勧めできません。
カラーリングは肌を傷つけます。
分かりやすく言うと、火傷の状態と同じです。
髪の毛が生えなくなる可能性もあります。
どうしてもやりたいのであれば、絶対に「私は皮膚が弱い」と言うべきです。
そうすれば、地肌に直接付かないようにやってくれると思います。
それでも、だめなら、店変えてください。
2006/10/28 22:18