Q口で言うより、見せたほうがいいんですか?
そんなに難しい注文はしていないのですが・・。


昨日、中学生の娘が美容室へ髪を切りに行ったのですが

雑誌の切り抜きやお店のヘアカタログなどは見せずに
肩下15~16cmあった髪を「肩下5cmの長さにあまり段は入れずに
入れても自然におさまる感じに少しだけにして下さい。」
と言ったら、肩の上で(肩にちょうど付く長さ)に切られてしまったと
少し落ち込んでいました。

もう、切ってしまった後のことですし
店員さんにどうこう言いませんでしたが、心の中で「・・ありえない・・。」と思いました。

雑誌の切り抜きやヘアカタログを見せても、その髪型になるとは限らないし
微妙な形やカットの仕方など、伝えたことがそのままカットされないのは当然であり
仕方がないことだとは思いますが、肩下5cmという長さの希望位は・・
汲んでもらっても・・と思ってしまいました。
(長さの確認は《スタイリストさんに》二度確認しました)
5cmと言ったからと言って、定規やメジャーで5cmを測りながら
切るわけではないので(笑)ぴったり5cmじゃなきゃ嫌とは当然思ってもいませんが
少なくとも《肩下》〇cmと言っているので
せめて、肩の下であって欲しかったそうです。
前(顔の周り)だけ短くとかならないように、横と後ろも長さに変化をつけないで
全体をそろえる感じで肩下5cmと言いました。

たまたまスタイリストさんが下手だったのか・・
ちょっと、信頼がおけそうにもないので次回からは別の店へ行こうかと
思っておりますが、こういうことって口頭で言われるより
カタログや切抜きなんかを見せたほうが分かってもらいやすいのでしょうか?

(まぁ・・切り過ぎたとしても、そのうちまた伸びてくるのでいいのですが・・)
長さの問題はせっかく希望があり、それをはっきりと伝えているのにも関わらず
・・ちょっとだけ納得がいきません。(肩下5cmと言ったその希望はどこへ??)
という感じです。

スタイリストさんにも「センス」や「技術」、「癖」、はたまた
「注文を聞き取る能力?」の差は人それぞれでしょうし
相性もあるのかもしれませんが・・。

まぁ、他にもお店は沢山ありますので、次回からお店をチェンジしてみます。
良いスタイリストさんに巡り会える事を願って。

解決済み1
2012/08/20 17:20

ベストアンサーに選ばれた回答

A肩下”5cm”と言う表現方法が、人によってとらえ方が違ってしまう場合があります。

肩”のどのあたりを基準にするのか?
どのあたりから、5cmなのか?

スタイルにこだわるのではなく、大体の長さでよいのなら指などで指示し”このあたりの長さ”という具合に指定すると間違い・勘違いが起こりずらいと思います。

5cmも人によっては微妙に違うとも思います。

美容師さんも実際にこのあたり”を切る前に示してくれたらよかったのでしょうね。

はっきりと伝えたつもりが、伝わっていなかった”というより
間違った伝わり方をした”という感じだと思います。

リアルに共通の画像・写真で”とか、目視でこの長さ”とか見え方も、統一してから言葉を使った方が良いと思います。
その最終的な確認をしなかった、美容師さんの責任ではあります。
2012/08/20 17:33

質問した人からのコメント

そうですね、表現方法って人によって捉え方が違ってきますね。 後悔しない為にも、もう少しはっきりと明確に表現するよう、心がけます。 どうもありがとうございました。

2012/08/24 17:10
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す