Q以前利用していた美容室から、
「特殊な液剤を使用しているから、パーマカラーが同時にできる」と割引きのDM(ハガキ)が来て、その日にパーマとカラー、
カットを同時にした事が有るのですが、普通の美容室はパーマとカラーを同時にはやってくれないのでしょうか…?


今、パーマとカラー、カットをしたいのですが、液剤などの関係でやはり「同時にできる!」とうたってる美容室でしかやってはくれないのかな…。と思ってしまい…。


また、数日後にパーマをかけるとしたら、髪の毛をすき過ぎてはイケナイでしょうか…?(ボリュームがなさ過ぎておかしいようなイメージが浮かんできたもので(汗))


美容師さんに聞けば良い話なんですが、予約の電話する前に知りたかったもので投稿しましたm(_ _)m


分かる方、教えて下さいm(_ _)m

解決済み3
2011/04/22 19:09

ベストアンサーに選ばれた回答

Aパーマカラーの同日の施術は、薬事法上で禁止されております。
しかし、薬剤の種類によっては可能な場合もあります。

それが、そちらのお店のウリ”ということです。
うたっていないお店でも、OKなお店もありますが薬剤など使っているものは分かりません。
ご予約の際に、同日の施術はOKか確認してからということが、良いと思います。

これは、あくまでも薬事法上の問題ですので、
実際に施術するに当たり、頭皮や毛髪への安全を考慮した上でということになります。

またパーマをかける際には、ボリュームなどスタイルを考えてカットをしますので
カラー>カット&パーマもしくは、カット&パーマ>カラーと組み合わせるとよろしいかと思います。
2011/04/22 23:46

質問した人からのコメント

皆さん回答ありがとうございます!! 薬事法で決まってるなんて初めて知りました(>_<) 美容師さんともカラーとパーマの同日施術について話してきました☆ ありがとうございましたo(*^‐^*)o

2011/04/29 23:39
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答2件
A普通のカラーと、普通のパーマの同時施術は法律で禁止されています。

それでも、平気でやってるお店が多いから困ったものなんですが.........(苦笑)

この禁止されているのは、普通のパーマと普通のカラーは「医薬部外品」である事から、医薬部外品を使用しての同時施術(それぞれ別の医薬部外品を2種類使う事)が頭皮や肌への負担が大きくなり、健康被害(肌が沁みたりかぶれたり)に繋がる可能性が高くなる事から、法律で禁止されているんです。

最近は、パーマの薬剤でも、医薬部外品ではなく、化粧品類になっている薬剤があるんです。
化粧品類なら、医薬部外品の同時施術ではありませんし、法的にも問題ない事と、実際に肌への負担が大幅に軽減されます。

ただし、髪へのダメージは、パーマの薬剤よりも処理の仕方の方が大きく影響しますので、ダメージの度合いは、同じパーマの薬剤を使っていても、美容師の腕次第で大きく変わります。

そのお店は、化粧品類のパーマ剤を使っている事を売りにしているんだと思います。
2011/04/23 17:11
A理容師で美容師です。
厚労省では間を空けるよう指導していますが、
ほとんどの美容室では特殊な液剤を使わなくても同時に施術していますよ(笑)。
痛み具合は美容師の技術力で変わります、またカット方法に関わらずパーマを
掛ける事は出来ますが求めるデザインによって切り方は変わるので自分で
梳いてはいけません、出来ればパーマを掛ける時にカットしたほうが良いですね。
2011/04/22 19:33