Q角質培養が合わない人ってやっぱりいるのでしょうか?
今まで、佐伯チズさんの美容法を参考に毎日丁寧に丁寧にお肌をケアしてきました。
そのおかげか、毛穴もほとんど目立たなくなり、ニキビもできにくくなり、なにより自分でいうのもなんですが、透明感にあふれたファンデいらずの肌になることができました。
しかし、髪を胸下ロングからボブイメチェンしたところ、吹き出物・油肌・毛穴の開きが急にひどくなり、石けんシャンプーに変えたり、ケアも低刺激のものを使うようにしたのですが全く改善されず…。
友人に角質培養がいいと聞き、藁をもつかむ思いで挑戦しましたが、今度は今まで見る影もなかった頬の毛穴が広がり、いわゆる『たるみ毛穴』に…。
それでも角質を育てるためだと続けましたが、どんどんひどくなり、最終的に肌全体がニキビとニキビ跡で真っ赤に…(T◇T)
鏡も、化粧も、外出の嫌になり、初心に戻って佐伯チズさんのコラムを読み直し、以前のケアに戻したところ、明らかに肌が甦ってきました。
肌が完全に前の状態に戻ったら、また角質培養に挑戦してみたい気持ちもありますが、また肌荒れしたら…と悩んでおります。

長くなってしまい大変申し訳ありません。

角質培養って、やっぱり合う合わないがあるんですかね?

それとも私のやり方が悪かったのかな…。
ノンケミにこだわりすぎてしまったのでしょうか…。

回答お待ちしています。

解決済み2
2010/10/18 00:12

ベストアンサーに選ばれた回答

Aどのような製品や方法でチズさん方式や角質培養をなさっていたのかは解りかねますので、原因がどうだとか、角質培養なるものがfiria16gggさんに合わなかったのかは誰も判断できないと思います。

でもまあどんな製品にも方法にも合う合わないはありますよね。ノンケミでも。

それに今まで半ば強引に他力本願ケミカルパワーに頼り保湿や強力洗浄していたのなら、それを止めた途端に「ひえーっ!」てな肌になるのも無理ないかと思います。
自活肌ではない化粧品依存・ケミカル依存があって成り立っていた肌だから。
10日~2週間ほどスキンケアをストップさせた時の肌が、自分の本当の素の姿だと言います。
体でなら平気なのに顔では恐くて試せない人が大半かと思います。
なので、何かと依存してきた肌は角質培養なるもので一時的にでもトンデモな問題が出やすいので(そんなにケミ依存もしてなく正常な自活肌の顔や体なら角質培養したところで「ただの普通」。顔以外の部位と大差ありません。)、
まず洗浄力を落としていくとか徐々に移行するのがベターだと思います。


水や化粧水をパンパンに張り巡らせてたら必然的に潤うので透明感は出ますよね。
ただ体内からのではなく外からの水(化粧水)で強引に水びたし肌を作るのは、肌を脆くしたりターンオーバーを遅らせたり、角質が命の最後に剥離する時にその角質から肌内へ水分キープ物質を放出できない原因にもなりうるので、きちんと見極めることも大切だと思います。


セミロングにしたらどうして肌に異変が・・・カラーリングやパーマはなさいましたか?
もしかしたら髪や髪に不着してる成分が顔に触れて刺激したのかもしれませんね。

なんにしろ肌が復活して良かったです。^^
角質培養の「あくまでも最低限のルール」は擦らないこと。洗浄しすぎないこと。
(もちろんこれだけでは全然角質培養ではないですよ。)
2010/10/18 01:22
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答1件
A角質培養はどのようになさりました?角質培養の基本は「擦らない、いじらない」これだけです。
ノンケミと間違える方がいますが、無添加石鹸とホホバオイルなどに切り替えた場合、相当のリバウンドがあるかもしれません。

下の方が仰るように、いわゆる企業が勧めてるお手入れって「化粧品依存」そのものなんです。最近「表皮のケラチノサイトに神経伝達物質の受容体がある」という発見をなさった方がいます。皮膚自体が考えて調節してる。ですので、膜で覆い続けると皮脂が出なくなる・・などという信じられない話がにわかに信憑性を帯びてます。もしこれが本当だとしたら・・。
乾燥を感じてもそのまま放置しておけば肌自体が環境に対応していくのかもしれません。その前に私たちはお手入れと称し保湿を続けてる。肌自体はその膜で覆われてる環境に対応して、その膜の中で循環を始めます。角質が合成界面活性剤で損傷を受けても膜が覆ってると修復の度合いが遅れるらしいのです。

ですからその膜が無くなったり、空気にさらされる時間が長くなった途端、環境に対応するために、いきなり皮剥けや赤みなど起こります。肌が新しいしっかりした角質を作ろうとする証拠でしょう。(にきびは毛穴に垢が詰まったことが引き金で起こります。)
合う合わないではなく、皆さん合成界面活性剤で損傷させて合成ポリマーで修復を遅れさせてるわけですから、ケアを軽くすると修復しようと皮剥け、赤み、にきびが出たりするのは当たり前かと思います。(最終的に脂漏性皮膚炎と判断される方もいますが)

この症状が耐えられない場合は、またケミに戻るか、徐々に徐々に長い年月をかけてケアを軽くしていくか・・だと思います。この調節が凄く難しいんですよね。私などはその辺無知だったからニキビに悩まされいきなり「水洗顔」を試しました。1ヶ月後に顔中皮剥け、赤み、ニキビ爆発の酷い顔になり、対人恐怖症になりました(笑
そのまま保湿もせずに水洗顔のみをつづけました。大きな皮剥けを数回起こしつつ、今は脱皮が終わり綺麗な肌になってきました。保湿も必要ありません。ニキビも出来ないです。ただ、あんな思いをするのだから、安易に人に角質培養や水洗顔は勧められないな・・とも思ってます。
2010/10/18 09:50