Q「びまん性脱毛症」という、頭髪全体が薄くなる薄毛があります。
女性に多く、程度はあれど女性の40%、男性20%が発症すると言われているそうです。
質問としては、
男性がM字やO字薄毛でなく、びまん性と思わしき症状をきたしたとき、発毛育毛法としては、男性である以上は「AGA」としての対処をすべきものなんでしょうか。
それともAGAとみなさず、女性の薄毛と同じように対処すべきものなんでしょうか。

解決済み1
2021/12/01 12:04

ベストアンサーに選ばれた回答

Aびまん性脱毛症は女性ホルモンの減少、バランスの不安定が原因で女性特有の薄毛の症状で男性には当てはまらないと言う認識です、男性がどうしてびまん性脱毛症を発症するかというメカニズムのエビデンスの知識が私には乏しのでという事でもあります。

agaの発症は男性ホルモンの影響によって発症します。5aリダクターゼという還元酵素の働きによってジヒドロテストステロンという薄毛の原因物質を生成して、それが(ジヒドロテストステロン)が毛包細胞に融合して薄毛を発症させます。この5aリダクターゼの働きは前立腺肥大症の原因でもあります、前立腺と言うのは当然男性にしかありませんので、びまん性脱毛症とは類似しないものと考えられます。

aga治療は5aリダクターゼの働きを抑制する内服薬治療となります。

したがってaga治療でびまん性脱毛症を解消することはできないのではないでしょうか。

びまん性脱毛症なのかagaなのかを専門のクリニックを受診して専門医師の診断に従って治療することを推奨します。闇雲に内服薬を使用しても意味がなかったり強い副作用の懸念もあります。まずは医療機関を受診しましょう。
2021/12/02 11:49

質問した人からのコメント

ありがとうございました

2021/12/08 00:36
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す