Q白髪の場合の白髪染めヘアカラーについてお聞きしたいです。
ここ半年程で白髪が急に増えてきたというか目立ってきたので、それまでは普通に美容院でヘアカラーでお願いしていたのですが、担当の美容師さんに白髪染めにした方がいいか相談したところ、白髪染めにした方がいいかもと言われまして根本だけ白髪染め(白髪染めでは一番明るい茶色)にして全体は普通のカラーで色を合わせましょうという事になったのですが、正直もう少し明るい茶色にしたいんです…。それを美容師さんに相談しても、これ以上は明るくならないので…と言われてどうにもならないそうなのですが私(30代後半です)よりもっと年上の方でもキレイな明るめの茶色(茶色に限らずですが)の方ってたくさんいらっしゃると思うんですがどうやってらっしゃるんでしょうか?明るい白髪染めが存在しますか?それともブリーチしてから茶色を入れるんでしょうか?でもそれだと白髪だけキラキラしてしまうのでは…と思いますし…。

美容師さんに相談しても無理ですとしか言われないので本当に方法がないのかな…諦めるしかないのかな…と悩んでいたのですが、思い切ってこちらで相談してみる事にしました。例えば自分はこうしてますとか現役美容師さんなどなど、もし何か良い方法をご存知の方がいらっしゃったら是非教えて頂けないでしょうか?宜しくお願い致します。

解決済み2
2021/07/26 02:00

ベストアンサーに選ばれた回答

Aこんにちは!白髪染めヘアカラー(おしゃれ染め)との併用で明るめの色にするのは可能です・・・
ただ正直なところ一回でって事になると難しいのも事実です、その場合は貴女が思ってる通り黒髪の部分をブリーチ等で脱色してから明るめで白髪染めをすると言う方法は有るのですが、正直 ブリーチを使う事はおススメ出来ないのも事実です、髪へのダメージ=色持ちの悪さ、質感の悪さが顕著に出てきてしまうからです、折角 白髪が無くなっても髪がパサパサで艶も無く貧相に?所帯窶れして?は何の意味も無いからです・・・
なので、これから徐々に明るめの髪色にしていくって手段が妥当だと思います・・・
話しが長くなりますが、白髪染めと分類されるもののカラーレベルが1~9段階(メーカーによっては3~8段階)有るのですが、1~3レベルってのはブラウンであってもほぼ黒にしか見えません、又 8~9レベルは正直なところかなり薄くしか色が入らないためキラキラしてしまいます。
又 ヘアカラー?おしゃれ染め?ファッションカラー?って分類されるものは6~14レベルが今は主流です、これらは黒髪をこれらのレベルの明るさには出来ますが 白髪に対してはほぼ発色しないのも事実です、少し細かく言うと、黒髪に入れた場合それぞれ2レベルずつ暗めにしか入らないと認識してください、なので4~12レベルがブリーチを使わないカラーの染められる範疇って事になります、でややこしいのがカラー剤全般の基準なんですが当たり前のように白髪染めは白髪に、ヘアカラー(おしゃれ染め・ファッションカラー)は黒髪に染めた状態でしか基準にならないんです(しないんです)。
でも、全くのバージン毛ならそれぞれの使い分けも簡単なんですが、色に悩む?色を楽しむ?方達ってのは既に何度かカラー経験されてる訳です、そうなるとそれぞれの既往歴に応じての理解、スキルが美容師も必要になって来る訳です、又 ホームカラーだけなのか美容室でのみだけなのか、両方とかそうなると益々難しくなる訳です、それはカラーは単純に着色する訳では無く化学反応を起こさせて発色させるって施術だからです、なので場合によってはプロであってもやってみないと分からないってケースが多々出てきてしまいます。
話しが反れてしまったかも知れませんが、白髪があっても明るくしようと思えば出来ますが少しずつ全体に明るくしていくって事なんです、そういう手段を使えば少なくとも8~10レベル位の明るさで白髪を気にすることなくカラーを楽しめます。
専門的に言うと白髪染め6レベル:おしゃれ染め9レベルを1:3でまずは根本白髪が伸びて来てる部分(リタッチ部分)を染めてそれ以外の部分は9レベルのおしゃれ染めで染めます、そのケースで2~3回(勿論染める頻度は色々でしょうが1~2か月サイクルで染めるのが理想です)その後根元は白髪染め5レベル:おしゃれ染め11~12レベルを1:3で染める、そしてそれ以外の部分はおしゃれ染め11~12レベルで染めるって感じでしていけばかなり明るめ(9~10レベルで全体が見えます)にする事は可能です、そしてある程度満足出来る明るさに成ったらその後は根元のみのリタッチで1レベル落とした調合で染めていけば基本的には維持できます(ただ勿論中間から毛先にかけては退色もしますし白髪がキラキラしてくるケースも有りますので3~4回に一度はリタッチ+中間から毛先までの全体に染める必要も出てきますその場合は中間から毛先は同じ色味の白髪染めの8~9レベルを使用すると全体が少し落ち着いて見え、キラキラ感も落ち着きます。って感じに徐々になら明るい白髪染めも可能なんですが、残念ながら美容師個々の経験・スキル次第で「明るい白髪染め?」そんなの無理ですよって事も有ります、正直 需要が少ないってのも有ります(徐々に?すこしづつ?っていくら説明しようがお客様は直ぐの結果しか求められませんので・・・)じゃあいいわ・・・って事も多々です・・・又いくら美容師が長期的な計画?計算?で施術を施してもいきなり家で染めたり、時間の都合でって他店で染めたり、来店サイクルが予定より伸びてしまいリタッチでは調整できず又最初からやりなおしってケースも多々ある訳です・・・
申し訳ありません・・・
何か書いてるうちに長くなりすぎて要点が分かりづらくなってしまったかも知れませんね・・・
でも、参考に成れば幸いです・・・
2021/07/27 10:05

質問した人からのコメント

とても細かく教えて下さってありがとうございます! 正直素人の私ではすべてを完全に理解は出来ていないと思いますがなんとなくは理解出来ました!担当して貰ってる美容師の方ともう一度こちらの回答を踏まえた上で相談してみようと思います!

2021/08/15 03:09
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答1件
A白髪が多いほど同じ白髪染めでも明るくなりますよ。
白髪染めが暗いのではなくて、白髪染めで黒い髪が明るくなりにくいんです。
2021/07/26 02:40