Q男です。質問させていただきます。
美容室と理髪店の違いは一体なんでしょう?
同じ系列店でメンズカット美容室2300円(カット、ブロー)、理髪店1700円
(カット、顔そり、シャンプー、ブロー)と内容は理髪店の方が高いのに値段は
美容室の方が高いです。
どなたか明確な違いわかりますか?

解決済み3
2009/03/05 20:51

ベストアンサーに選ばれた回答

A法律で区分されているだけです。
理容師法、理容とは調髪顔剃り等により容姿を整える
美容師法、美容とは結髪、化粧等により容姿を整える
つまり「等」という言葉で拡大解釈が可能なのです。
床屋さんで女性のカットパーマをやっても違反ではありませんし、
美容室で男性のカットパーマを行っても違反ではありません。
中には美容室では顔剃りが出来ないという意見を目にしますが、
理容師美容師両方の経験をして免許も持っている私にいえるのは
美容室でカミソリを使って顔を剃る事は違法ではありませんし
カミソリが使えないこともありません(レザーカットは美容室にもあります)。
美容室では顔剃りなどの技術を練習する機会が無いだけです、
現に年配の美容師は皆顔剃りが出来ますよ。
美容室美容院パーマ屋と理髪店理容室床屋は全て同意語です。
ただし髪結床は江戸時代の男性の髪を結う場所で女性は利用しません。
2009/03/07 18:06

質問した人からのコメント

ありがとうございました 本職の方にまでご意見頂き光栄です なんか理髪店って角刈りやスポーツ刈りしかやってくれないと 思ってました^^;顔そりしてもらわなくなって久しいです。

2009/03/10 23:08
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答2件
A法律で区分されているだけです。
理容師法、理容とは調髪顔剃り等により容姿を整える
美容師法、美容とは結髪、化粧等により容姿を整える
つまり「等」という言葉で拡大解釈が可能なのです。
床屋さんで女性のカットやパーマをやっても違反ではありませんし、
美容室で男性のカットパーマを行っても違反ではありません。
中には美容室では顔剃りが出来ないという意見を目にしますが、
理容師美容師両方の経験をして免許も持っている私にいえるのは
美容室でカミソリを使って顔を剃る事は違法ではありませんし
カミソリが使えないこともありません(レザーカットは美容室にもあります)。
美容室では顔剃りなどの技術を練習する機会が無いだけです、
現に年配の美容師は皆顔剃りが出来ますよ。
美容室美容院パーマ屋と理髪店理容室床屋は全て同意語です。
ただし髪結床は江戸時代の男性の髪を結う場所で女性は利用しません。
2009/03/07 22:14
A美容所(びようしょ)とは、美容の業を行うために設けられた施設、あるいはその建物。美容師法により規定されている。一般的には美容院、美容室と呼ばれている。開設には都道府県知事への届出が必要となる。

美容(びよう)とは、容姿を美しくすることをいい、理容(りよう)とは、容姿を整えることをいう。おおまかには女性を対象としたものが美容、男性を対象としたものが理容とされることが多い。また、理容を「理髪」と「美容」の混成語とする向きもある。

美容と理容の意味は似ているが、法律では次の通りに区別されている。

理容:頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えること (理容師法第1条の2)
美容:パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること (美容師法第2条)
最近は男女とも理容店や美容室の区別を特に意識せずに利用したり、シェービングや美顔のために女性が理容店を利用する場合も多く、両者の境界の区別は明確でなくなりつつある。多くの理容店の店舗には、店の入口にサインポールと呼ばれる赤青白の3色で構成された円筒状の看板が螺旋状に回転している(詳しくは理美容師を参照)。

なお、大半の個人経営の店は毎週月曜日を定休日としていた。これは昭和30年代にあった全国的な電力不足における休電日が月曜日だった名残で、理容組合への加入の取り決めとして定められていた。

近年はサービスや内装で高級感を強調した店、ヘッドスパや顔そりなどに特化した店舗や10分間程度でカットのみのサービスを提供する店など多様な業態の登場で競争が激しくなり、従来の営業形態のままの理容店・美容室は苦しい経営を強いられている。


ウィキペディアより。。。
2009/03/05 20:53
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す