Qなぜ中学生は髪を染めてはいけないのか。


私は今、大学四年生で教員を目指してます。
教員採用試験として面接があるため、校則について色々考えているうちに「なぜ中学生は髪を染めてはいけないのか」という疑問に対しての論理的な回答ができないという事に気づきました。
そこでどうか、教員や社会人、学生問わず「なぜ中学生は髪を染めてはいけないのか」についての解答と理由を教えてください。



《補足》
・校則は「教育上必要な場合」に作られるため、何か染色を禁止する教育的な意味がないといけない。…はす。
・私自身は髪を染めたことはないです。ただ、理由に校則は関係なく、単に興味がないからです。

高校生が髪を染めてはいけない理由は「校則で決まっているから」でいいと私は思っています。なぜなら高校は希望入学制のため、気に入らない校則があれば入学しなければよいだけだと考えているからです。

・また社会人も同様で会社で髪の染色が認められていなければその場に合わせなければならない(会社にも大事にしたいイメージがあると思いますので)。それが嫌なら髪の染めていい会社に就くべきだと考えています。

・ただ公立中学は「その学校に入りたくて入った」わけではないため、上記のような高校と社会での理屈は通じないと考えています。

・似たような質問をいくつか見ました。その時に多かった解答として「社会に出た時の規則を守るための練習」とありました。この答えが納得できない理由として、
「会社の規則が気に食わなければ入社しなければいいのでは?」という疑問と
「規則が気に食わなければ作る側(つまりは会社を設立する側)になればいいだけでは?」というものです。

・「周りに合わせて集団行動することが大事だから」という意見もありました。確かに集団行動の重要性を実感した事は何度かあります。ただ、それって体育祭や文化祭などの『大勢で1つの目的に対して取り組むこと』で育むことであって、規則を守ることで育むことではないと思いました。(なんか出る杭を打つような気がしてしまい、適切ではないと感じました。)



あと、髪を染めることが人体に悪影響を及ぼすことになるからというの解答はナシでお願いします。

長くなりましたがご意見お願いします。

解決済み7
2020/08/08 10:06

ベストアンサーに選ばれた回答

Aこの手の事をこうやって考えちゃう人は日本の学校の教員には向かないんだろうね
2020/08/08 11:08

質問した人からのコメント

ありがとうございました。

2020/08/08 20:57
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答6件
A理由なんてない。

単なる好みや昔ながらの学生は子供は、こうあるべきというスタイルの押し付けに過ぎません。

子供が髪なんて染めるべきじゃない黒髪で真面目にしてるべき。
とか

子供のくせにパーマをかけたり髪を伸ばしてオシャレに気を使うべきじゃない。
とか

子供がスカートを短くして素足を見せたり化粧などして異性の関心を引くような事をするべきじゃない。

みたいに校則の根底に流れてるのは子供なんだから、子供がオシャレなんかするべきじゃない、そんなこと許さないみたいな子供に対しての理想のスタイルの押し付けと若い人がオシャレして青春を謳歌する事への嫉妬と妨害ですよ。

いくら、それは違う、などと学校関係者がほざいてみたとて納得いく返答などできません。

子供は、そんなオシャレなんかに気をつけてないで勉強や部活などを頑張るべきだというくらいの理由しか彼等は答えられません。

答えなどないのです。
あくまでも学校にいる大人の好みとスタイルの押し付けですから。

でも私なら、それについては少し見解があります。

例えば銭湯や公衆浴場で刺青のある人の入館、利用を断っているでしょう。

それは単に刺青を持つから、その人はヤクザで、ヤクザは犯罪者も同然だからとかではありません。

以下の通りの危険があるためです。

ヤクザがいる事で恐れてお客様が来なくなる。

他のお客様とのトラブルが起きる可能性がある。
喧嘩や殺傷事件など。

ヤクザの抗争にお店とお客様が巻き込まれる危険性がある。

などなどお店にとってもお客様にとってもリスクが生じる可能性があるためお断りしているわけで理由はハッキリあります。

例えば髪を染める、それ自体が、その人の人格を否定するものではないが見た目でヤンキーや地元の不良達と街でトラブルに巻き込まれる可能性がある。

そのため黒髪で無用なトラブルに巻き込まれるのは避けるべき。

また人は容姿で判断される社会において、自分の容姿で人を脅かしてはいけないし誤解されてもいけない。
それが大人数がいる学校でも当然求められる。

社会に出て企業人になれば、それ相応の容姿、スーツに黒髪、会社によっては定られた制服や作業着などでいなければならない事を考えると学校においても、ある程度の規定された姿、それを求められても当然と考える。

イヤリングやピアス、装飾品を身につけるのは体育の授業では邪魔になる。
それが学校で盗難に遭う可能性もあり、そのような貴金属品を学校に持ち込む事はリスクの上でも適切ではない。

また制服のスカートの丈にしても短くして素足を見せたりする事は性的なアピールに繋がって性犯罪などに巻き込まれることにも繋がり、スカートの丈を短くする事を規制する、それも防犯上の理由で適切と思われる。

あくまでも私の意見であるけど校則がなぜ作られてるかを述べるとしたら、そう言うしかない。
2020/08/08 20:49
Aなしで と言われても、一番は、髪がいたむ、染めるのにはお金がかかる です。なぜ髪を染めたいか という明確な理由がある中学生は少ないと思います。白髪が多く、染めたいという学生はいます。その場合は、学校と保護者が話し合って、許可が出ます。 そもそも、なぜ、中学生が髪を染めたいの? そこを考えてください。その理由を聞くと、校則は必要だと感じると思いますけどね(笑)
また、あなたの理論で考えると、社会のルール(お金を払わないと物は買えない)や交通ルール(信号、横断歩道)などはどう考えますか?
2020/08/08 18:45
A「(病気で黒に染める以外)健康な日本人は古来よりナチュラルが黒髪なんだから、それ(黒髪)で統一!」

自然的で、単純で合理的、さらには統一感・統率感(日本では重用されえる考え方)に則すという、誰もが納得?広く受け入れやすい論調(の一つ)・・。
2020/08/08 12:35
A中学生や高校生は、髪染めや化粧など、余計な所に神経を使わないで勉強や部活動に専念すべき、という考え方が主流です。

また、日本の社会では、日本人の黒い髪を染めるのは「異質」社会の人間であるとの見方が強いからです。

芸能界、反・非社会的団体に属する者、との見方がね。

ですから、営業を主とする仕事関係は、髪染めはほとんど禁止されていますね。

公務員、教員、営業中心の民間企業の会社員など・・・。

まあ簡単に言えば「郷に入れば、郷に従え」

日本で生活するのならば、その大半の空気に従うことが、抵抗なく生きる方法の一つです。

あなたの、「会社を選らぶ」「会社を作る」は、見当違いもよいとこですね。

高校卒業したばかりの者、大学卒業したばかりの者、就活でヒイヒイ言っている連中が選べると思うことが、詭弁ですね。
2020/08/08 11:24
Aおそらく、「なぜ中学生は髪を染めてはいけないと思うか」という質問はされません。
「生徒や保護者から、なぜ髪を染めてはいけないのかと聞かれた時にどう対応するか」とか「髪を染めた子がいたらどう対応するか」になります。
個人的な思想、考えは聞かれません。
そして、面接の場合正解を求められているわけではなく、誤りではない対応であればよいのです。
(回答するではなく対応すると書いているのは、意図して書いています。対応は、その場の回答だけではありません。)
面接官は、複数の対応の中でよりよいものを選び、さらに掘り下げた質問に対して自分の考えを言ってほしいのです。
一つ聞いたら別の質問に移るわけではありません。
2020/08/08 10:22
A髪を染めるのは不良、という文化があるから
2020/08/08 10:12