Q理容師が今後生き残るためには
美容技術も身に付けるべきでしょうか。


理容師の課題とは
なんでしょうか。

どなたか教えてください。

解決済み4
2019/11/25 10:49

ベストアンサーに選ばれた回答

Aパーマは捨てちゃった方が良いと思います。
カット技術はピカイチなので、1000円カットに差をつけて1500円くらいで。
あとは毛染めですね。白髪染めはもちろんの事、女性などのおしゃれ染め それに因んでロングのブローぐらいはできた方が良いかも。

要は1000円カットのシステムで、毛染め、シャンプー、ブローもしっかり。
シャンプー、ブローのみだったら別料金。

あと、女子中高生は学割20%引きとか。

若い女子が気軽に切りにこれるお店を目指して。
2019/11/25 15:07
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答3件
A理容師は高齢化でドンドン廃業していきますから、しっかりした理容技術を身に付ければ忙しくて大変でしょう。
レディースに興味があるのなら美容技術は必要ですが、
メンズ主体にやっていくのであればメンズの美容技術なんて大したことありません。
ほぼすべて理容技術のほうが優れています。

デザインカット(セットレスカット)、デザインパーマ(セットレスパーマ)は理容師の開発した技術です。
アイロンパーマ、アイパーが、出来る美容師はほとんどいません。
昨日も400キロ以上の遠くから、月1回アイパーをかけに来るお客が来ました。(31歳だそうです)

理容のメンズんに関する技術は豊富です。
増毛用のピンの発明者も理容師です。
カツラの技術に長けていれば、柔らかい感じやふんわり感は当然です。

下の方も仰るように
年配者を相手にしていては将来性がありません。
常に若い世代に人気でなければいけません。

私は60代後半の理容師ですが(理容師としては若手?)
常に若い世代に人気があります。
40年来
"髪型の画像を持ってくればそれ以上にする”というキャッチコピーでやってきました。
女性パーマもやっていた昔だと、松田聖子のショートカットバージョンで
近隣には私に敵う美容師などいませんでした。

30代40代の女性にも、いまだに潜在的人気があるようで、
長年美容室に通っていた彼氏や旦那さんに、私の店をお勧めしてくれているようです。
2019/11/25 20:11
A学べるなら学んでて損はないと思いますよ!

理容のピシッと揃える技術もできるし、美容の柔らかい感じも出来る事に越したことはないけど、習得にはかなりの時間を要するし!

下の方も仰るように自分がそうしたいと思ったら身につけてて損はないと…

男性に特化したお店づくりをするのも手だし、若い子だけをお客さんにするのもありだし、逆に年配の人だけを相手にするのもいい!

ただ年配の方を対象にする場合はお客さん自体が亡くなったりで年々減ってくるからおすすめしない!
2019/11/25 14:35
A自身が今後どのような理容師になりたいかじゃないでしょうか??
また、自身が店を持とうとした時にどのような店を作りたいかによるかと。
今、どのぐらいの経験がある方なのか分かりませんが美容技術も学ぶ機会があるのなら学んで損はないと思います。
2019/11/25 12:37
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す