Q昭和時代は、社会人になると7:3分けにしたんでしょうか?リーゼント 、角刈り、長髪では、就職できなかったでしょうか?
現在は、どのような髪型でも就職できますよね。

解決済み3
2019/01/23 13:32

ベストアンサーに選ばれた回答

A特に昭和50年代は就職氷河期と言われ、長髪だった就職活動の大学生は面接のためにリクルートカット(7:3分け)にしました。

髭を伸ばして会社を首になった時代です。
角刈りや坊主もダメな会社が多かったです。
2019/01/23 13:53
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答2件
A>現在は、どのような髪型でも就職できますよね。

出来ねーよ馬鹿。お前働いた事ねーだろ。
2019/01/29 08:07
Aそそ、昭和時代は男は
皆7:3分け。
<いちご白書をもう一度>
という唄でも、
「就職が決まって髪を切って
きたとき~~♪」
とあるようにです。
面接で、
リーゼントだったりしたら暴走族
やってたのとか聞かれる。
角刈りは見たことない。
2019/01/23 13:42
おすすめキーワードから探す