Q僕は将来、理容師になりたいと思い、親に相談したら
今、理容師は激減しているし有名人も儲かっている人も
いない、床屋は儲からないし衰退していくからやめろ、
どうせなるなら美容師にしろと言われました。
何故、理容師になりたい人は少なくなったんでしょうか。
今、なりたいのは美容師よりも理容師ですが
どうして理容師ではダメなんでしょうか。

解決済み5
2017/11/23 12:12

ベストアンサーに選ばれた回答

A月刊ヘアモ-ド(=美容業界誌)の読者です。

理容師を目指す人が少なくなった大きな理由は


(ア)自分の店を開店させる場合に、設備投資費用が高すぎること

(イ)理容業務では、一人のお客様に「ずっとつきながら作業する過程」が多いが、美容業務では、一人のお客様を放っている時間が取れ、その間、他のお客様の作業ができるので、労働生産性で、理容業務が劣るからです。


まず(ア)ですが、理容椅子は、現在ほとんど電動バイブレタ-が組み込まれているため、最低でも一台40万円します。高級機種だと一台80万円します。共に㈱タカラベルモント、㈱大広製作所製です。一方の美容椅子ですが、安い中国製では一台3万円、高級機種の㈱タカラベルモント、㈱大広製作所製でも一台8万円~11万円で入手できます。
かりに一店舗三台の理容椅子を置くとしても、120万円~240万円の初期投資が必要となります。他方、美容椅子では仮に三台としても、9万円~33万円で設備が可能です。この差が、理容室の開店をさせにくくし、理容師を目指す人を少なくさせています。

(イ)ですが、理容作業では、カット、シェ-ビング、シャンプ-、スタイリングと、お客様から理容師が離れる時間がほとんどありません。他方美容作業では、パ-マの反応時間:約40分、ヘアカラ-の反応時間:約40分の間には、お客様から離れることができるので、その間、別のお客様の作業を行うことができます。この差があるため、理容業務の方が美容業務に比べて生産性が低いので、理容師を目指す意欲が低下してしまうのです。

ただし、日本国内の現状として、現在理容室は全国計で一万件を割っており、また理容師の平均年齢が63歳にも達し、高齢化が進んでいます。ですから、減少する一方なので、短期的には、理容師の求人難が起きています。このまま進めば、絶滅の恐れも笑い話ではありません。

そこでやがては、理容師免許と美容師免許は一本化されるのではないか、と予想されています。
2017/11/26 21:44
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答4件
A自分の人生に責任を持つのは自分だけです。

誰かの意見に従って職業を選んで失敗したとしても、その人にあなたの将来の責任を取らせることは出来ません。

悔いのないように自己責任で自分の人生を選んでください。
2017/11/23 17:23
A出産したばかりなのに婚活してたり色々設定があって大変ですね
2017/11/23 14:49
A下の回答者さんが仰っていることが本当でしたらそれはあなたが前にした質問に回答してくださった回答者さんに失礼だと思います。
今後同じ質問は控えるようにしてください。
さて、本題に入りますが、あなたの親御さんがおっしゃる通りで理容師よりも美容師の方が何かと有利です。
一応私も美容関係の仕事を目指しています。
「理容師がダメ」というのは違います。
ダメなのではなく、美容師が人気のある職業なので理容師がそう偏見を持たれているだけなのです。
あなたがそんなことを気にしてしまったらあなたのやりたいことが出来ませんし好きな仕事が出来なくなってしまいますよ。
美容師も理容師もいなかったら困るという人はたくさんいらっしゃいます。
理容師にできないことをやれるのが美容師であり、美容師にできないことをやれるのが理容師です。
そう考えたらあなたもきっと理容師に誇りを持てるのではないでしょうか。
私はあなたに是非理容師を目指してほしいですね。
頑張ってください。
2017/11/23 13:42
Aふざけるな!

22日に、同じ質問をしているでしょ? いくつもの回答がついているでしょ?

それに返答もしないで、同じ質問をしないでください。

この質問は削除して下さい。
2017/11/23 12:18
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す