Qシャンプーとかの質問です。
私の髪はフケがでやすかったのでシャンプーの事を調べてるいくと、ラウレス硫酸という成分はダメなものだと分かりました。パンテーンやラックスなどはこれが入っています。そこで2つほどの疑問が出てきました。
1、コンディショナーやトリートメントに入っている成分でいいせ成分はあるのか?
ダメな成分はあるのか?
2、シャンプーでラウレス硫酸などが入っているものでもコンディショナーやトリートメントなどはいいやつなのか?
分かりにくいかも知れませんが、私は中1なので、出来るだけ分かりやすく回答してもらえるとありがたいです。

補足

ラックスとかのようにスーパーなどで買えるシャンプーとかトリートメントを紹介してもらえるとありがたいです。

解決済み1
2016/08/30 00:27

ベストアンサーに選ばれた回答

A中1ですか。
では、化学など交えず言ってみます。
化学物質は体に使っていいものだと思いますか?
悪いものだと思いますか?

今、市販されているシャンプーリンス、コンディショナーはほとんど化学合成されたものです。
シャンプーは本来、頭皮と髪の毛の水性・油性の汚れを落とすことで、頭皮と髪の健康を保つものです。
汚れを落とすのに必要な成分として界面活性剤(親水基と親油基で汚れを落とすもの。境界面を反応しやすい形にする。)を使用しますが、この界面活性剤を化学合成したものと石鹸のように素材の中に界面活性を持ったものを含むものがあります。
一番安全なのは自然の界面活性剤で大豆などに多く含まれます。
危険なものは石油から作られたもので下記URLを参照してください。
http://www.perfect-naturalcosme.com/cosmeticsmaterial/surfactant.html
これらの合成界面活性剤は、本当に色々なものに使われています。
化粧品、たとえば化粧水や乳液。
水を肌につけた場合、ぺちゃぺちゃといつまでも吸い込みませんし、肌がしっとりするとかサラッとするなどは感じられないと思います。
これは肌の界面(バリア機能)によって肌内部を守っているからです。
そこに界面活性剤を加えて、肌のバリア機能を低下させ吸い込むように仕向けます。
また原料の水と油を混ぜるためにも界面活性剤を使用します。そのため、油なのにサラッとした感触のものであったりしっとりという使用感の良いものが仕上がるのです。
これは一見良いもののように思えますが、問題は肌の機能を抑えてあらゆる化学物質を体内に招き入れるという点です。
ボディーガードを雇い主自ら抑えつけて、泥棒を喜んで招き入れるのと何ら変わりありません。
シャンプーやリンス、コンディショナーはさらにそこにコーティング剤を入れることで窒息させる作用を持つことになります。
また、香り成分というのは、香りが届くところまで化学成分が飛んでいるということを忘れてはいけません。
そういった使い心地追及、仕上がり感追及、香り追及・・・のためにどれだけの化学成分を使用し、体にどれだけ注ぎ込んでいるのか。
そんなに注ぎ込まれた体で正常な体を保てるでしょうか。
よくよく考えて使うものは選ぶことです。
私は食用油脂と塩だけでできたひょうたんしゃんぷぅを選びました。
原料の特徴を生かしたしゃんぷぅで、体への負担をとことん減らして、洗うことに徹底したシャンプーです。
もし私が娘を持っていたなら、絶対市販の合成シャンプーは使わせません。
女性の陰部からの化学合成物質の吸収率は二の腕内側比42倍(厚生労働省より)です。
怖いです。
お嫁に行くのがまだまだ先なのですから、今のうちから真の健康づくりをしてほしいなと思います。
2016/08/31 10:01
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す