Q娘が「美容師になりたい」と言い出してビックリしています。今の美容師業界の現状を教えて頂けませんか?娘は公立の普通科の高校に行っています。親としては大学、専門学校はともかく「安定した
会社員」になって欲しかったのですが、娘がやりたい事を優先してやりたい気持ち半分、複雑な心境です。
本人は昔からあまり目立たない子供で率先して友達を誘って遊びに行ったり、ワイワイ騒いだりするタイプではありません。美容師は技術は勿論の事、お客様と至近距離で会話をしなくてはいけません。そのあたりも心配の要因であります。知り合いのお母さんが美容師をしていて聞いたらしく「数年はシャンプーばかりで辛抱しなくちゃいけない。店が終わってから練習するから帰りは遅い」と聞いているようです。今後少子化で日本の人口は減るし、過当競争が激しくなる(どんな業界でもそうかもしれませんが)のに美容師を目指すってどうなんでしょうか?とにかく私は「女でも一人で食っていけるようなれ!男に頼るな!」と子供の頃から口酸っぱく言ってきました。今後の美容師業界はどうなんでしょうか?美容師の事はまったく無知なので質問させて頂きます。

解決済み8
2016/04/16 18:37

ベストアンサーに選ばれた回答

Aこんにちは

離職率8割9割と言われている業界です

まずは、高校生アルバイトで働かせてくれるサロンがあれば働いてみる事をオススメします
なければ、無給でも体験で経験させてくれるサロンを探し実際に現場をみる事をオススメします
自身で探す事が嫌だと言うくらいならば本気度はその程度です

華やかなイメージて憧れる方も多い業界ですよね
確かに華やかなな部分もありますが、それに比例してプライドや下積み上下関係などなどが渦巻いています
娘さんがプレッシャーをプラスに取れ向上心に転化できるような性格ならば向いているかもしれませんが、向いていなければ鬱になり辞める方も珍しくはありません

しっかりと相談に乗り本気度を見極めて下さい
2016/04/17 17:44

質問した人からのコメント

大変勉強になりました。ありがとうございました。

2016/04/23 00:35
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答7件
A美容師です。
美容業界の話は他の方がおっしゃる通りです。


自分は男ですが同じような理由で母親にかなり反対されました。
僕も譲らず毎日のように言い合いをしてましたがなんとか折れてくれて今はなんだかんだ応援してくれています。
もしこれで僕が大学に行ってサラリーマンになったとしたらおそらくあとあと『美容師やってみたかったなあ』などと後悔すると思います。
(実際一度サラリーマンになってから美容学校にきた友達も何人かいました)
もしかしたらその後悔を母親のせいにしたかもしれません。
ただ実際働いてみてたしかに大変な職業です、でもやりがいもあります。
本気じゃないとできない職業です。
軽い気持ちでなるのはオススメしません。
本気でなりたいのであれば応援してあげてもいいんじゃないですか?

ちなみに僕も自分で言いますがそんなに目立つタイプの子どもでもないですし、根暗でした。
自分でもそれは不安だったのですがだんだん慣れて今は人と話すのになんの抵抗もありません。
仕事になると仕事モードになって案外平気だったりすると思います。
ワイワイ騒ぐタイプの美容師もいれば、わりと静かで職人気質な美容師もいます。
どちらが良いというわけではありません。
それはお客様が選ぶので、好みです。
僕はどちらかといえば後者ですが、指名してくたさるお客様もたくさんいます。

実力社会なので本当に男女関係なく売上があれば上にいけます。
そのような意味では十分に男に頼らずとも生きていけると思います。

あらためて、本当にやりたいと言うのであれば応援してあげるのもいいと思います。

まずは美容学校のオープンキャンパスや体験入学に行ってみるのはいかがですか?
2016/04/23 00:21
Aお嬢様の将来計画と覚悟次第ですね。

日本の若者は他の先進国に比べて起業意識が低くて困ります。今の世の中「会社員」だって「安定した」存在じゃないですよ。
世界中の国で「美容師になりたい」って言うと、「自分の店を持って儲けろよ」と励ますのに、日本だけです、「大丈夫なの?」なんて心配するのは。
東大や旧帝大入って、官庁や大企業の出世コースに行く学力があるなら「もったいない」かも知れません。でも、超有名私大出てる美容サロンオーナーも沢山いますよ。それ以下の有名校ならもっと居ます。

美容サロンに就職すると、1年目(月給17万円台)でシャンプー、トリートメント、メイク、フェイシャル、ブロー、ヘアカラーの塗布ぐらいまでします。2年目にはカラーの調合やホイルワーク、パーマの助手、着付け、簡単なセットぐらいを始めます。3年目にはフロア全ての進行を行い、カットを中心とするデザイン分野に入っていき、4~6年目でスタイリストチャレンジします。スタイリストの経験を積んで入社10~15年ぐらいで良いご縁があったときにサロンを持って独立します。女の子でもどんどん独立しますよ。

男女差別ではないのですが、良いご縁と申しましたのは、女性の場合ご結婚の事もあるので、相手様や子育ての人生計画も考えて、良しとなれば独立開業なさるといいという意味です。
例えば相手様が地方公務員や地場産業の人ならOKで、親御さんもご安心いただけるでしょう。相手が世界企業や国家公務員のように転勤が多い職業ですと、一億総活躍の時代であっても、サロンオーナーになるのは避けたほうが良いかも知れません。

普通のOLさんよりは夢多い人生になると思いますよ。ご本人の選択と覚悟次第です。
2016/04/18 15:40
A他の方が大筋は書き込んでいるのでまだ出ていない事を書きます。

去年、厚労省がある通達を撤廃しました。知らなかった人(美容師も)が多い通達でしたが、去年の夏までは美容室で男性客のカットは条件付きでしか認められていませんでした。条件とはパーマをかけること。カットだけは違法だったんです。証拠が残るので「メンズカット」というメニューは出せませんでしたし、広告にも載せられませんでした。これが撤廃され男女関係なくカット出来るようになり、これからは男性客を積極的に取り込むお店も出てくるでしょう。実際に過去には無かった「メンズにおすすめのサロン」特集がホットペッパー等で行われています。

美容室は飽和状態と言われてはいますが、上記の事や、まつ毛エクステが美容師免許必須になったり、実は美容師も顔そりをしても良い(条件付き)事、この辺を上手く使って店舗展開を図るお店は今後も伸びていくでしょう。

お店選び次第で将来がかなり左右される業界です。
2016/04/17 09:19
A店が多く飽和状態なのは確かですが、就職浪人するほどではありません。

成長するために最適かどうかは別で、これは業界内にいないと分かりづらい部分ですね、適した会社に入れるまで店を変える覚悟は持っていて損はないと思います。


3年でカットには入れて平均、2年目からは毎年数名新卒を採用してる会社なら1期先輩となるのでシャンプーばかりということはありません。

シザー(ハサミ)の平均金額は2~3万程度、問屋と組んで新卒採用者を多く取って道具を購入させてすぐ解雇とか「どうせ続かない子が多い」から「そこで利益あげよう」とか考えてる悪質な会社以外はシザーを購入するにしても最初は1万~2万程度を勧めます。

私の経験上他も大差はないと思いますが 美容学校の同期で今でも業界内に残って居るのは1クラス中ほんの数人です。
2016/04/17 05:04
Aどのような現状か”ということはさておき、「女でも一人で食っていけるようなれ!男に頼るな!」という言いつけを、実行できる職業であることは確かです。

今後の美容師業界はどうなんでしょうか?
>職業/業界としてはなくならない職です。

できるできない、続く続かない、楽苦労・・・その方の考え方次第です。
手に職”というのも一生学び続けることができる方が思う実感です。

親御さんとしては心配はあるでしょうが、本人がやりたいことと言っているのですから見守って協力できることはしてあげる”ということでパーフェクトです。

主従関係の職場が多いですから、労働基準休み給与福利などは皆無であると考えていたほうが気が楽です。
その代り、手に職”という実感が得られるかもしれません。
2016/04/16 19:25
A美容師に一番必要な能力は技術でも話術でもなく
自分の店を持つという気概や経営能力です。

少しイメージしていただくと分るのですが、床屋や理髪店でなく
オシャレ美容室で、オーナー以外に40歳を超えた店員はいないでしょう。

オシャレな店のイメージに合わせて店員を選ぶので、オーナーは若くて外見の良い美容師を集めることになります。
30代で自分の店を持てなかったら、職にあぶれます。
一生、美容師をやり続けるには自分で店を出してオーナーの立場から若い子を雇わなければいけない。

美容師になるということは「安定した会社員」でなく
「自分一人で食っていけるようなれ!会社に頼るな!」という
生き方を選ぶということです。

周囲の美容師を見るとワイワイ騒ぐ芸術家タイプより、
静かに経理・経営の勉強をする実務家タイプの方が40代になったとき成功している気がします。
2016/04/16 19:08
A子供が美容師をめざし去年春に千葉の美容室に
就職、10日と持たず退職、その後、専門学校
の先生の紹介で再度美容室に就職するも2ヶ月
で退職、現在まつ毛を盛る?エクステの仕事を
していますが、美容業界はキツイらしいですね!

まず、子供が就職したことで調べて知ったこと
ですが、日本全体では美容師は余っているよう
です。なので雇う側も辞めたいならどうぞとい
う感じみたいです。

仕事も開店の1時間前には入らないといけない
し、閉店後も清掃、自分の練習と最低でも5年
ぐらいは下働き状態で先輩のアシスタントで失
敗とかすると相当罵倒されるようです。人にも
寄ると思いますが。

自分も子供が手に職を持ち将来自立して収入を
得られればと思いましたが、業界は更なる高み
を目指すような子じゃないと続かないようです。

また、道具も高価でカット用のハサミなどは個
人の物で安くても1丁30万以上の物でないと
商売としてお客の髪は切られないそうです。
そのハサミを数種類購入しなければならず、安
月給なのに道具代を借金して揃えるそうです。

どうしてもやりたいというなら止めることも無
いと思いますが、専門学校で習得できることは
美容師としての国家資格と最低限の技術ですの
で就職後はもっと練習しなければなりません。

最悪、仕事を辞めてしまっても将来結婚し家族
のカット代はゼロにできる程度に考えるしか親
としては出来ないんですかね・・・。

余談ですが、会社に就職しても美容界は社会保
険を掛けてくれるところは少ないです。
なので安月給に国民年金、健康保険、雇用保険
全額自己負担になると思うので安定するまでは
親御さんの協力が必要だと思います。
2016/04/16 19:00