Q髪の乾燥とは何ですか?

解決済み1
2015/09/03 22:02

ベストアンサーに選ばれた回答

A髪の乾燥とは、髪の水分が失われることです。

髪を乾燥させる要因

■シャンプーの仕方
もしかして間違ったシャンプーの仕方をしていませんか?日々のシャンプーの仕方を見直してみましょう!
まず髪を湯で濡らす前に、ブラシで髪を整えます。そうすることによって小さなゴミを落とすと同時に、頭皮の汚れを浮かしてシャンプー時に綺麗にすることができるのです。また頭皮に軽い刺激を与えることで、頭皮の血行を良くし、髪の質を高めることができます。シャンプーの前にブラシをすることを心がけましょう。
次に、ブラシの選び方ですが、硬すぎない柔らかめのブラシを選ぶのがポイントです。
硬すぎるブラシは、頭皮を傷つけてしまう恐れがあるので、注意が必要です。また、プラスチックで出来ているブラシは、髪を痛める原因の一つである「静電気」を発生させてしまう可能性があるので、なるべく使わないようにしましょう。
そして、シャンプーの仕方ですが、髪質ばかり気にして髪を入念に洗っていませんか?
もちろん髪を洗うのは、丁寧にして構いません。
しかし、意識して洗うべきなのは頭皮です。頭皮をしっかりと洗うことによって、頭皮についた脂を落としましょう。この脂がしっかりと落とせないことがパサパサになる元凶なのです。
また髪を乾かす際に、髪を乾かしすぎてしまうと髪から水分を奪うことになります。乾燥した状態では髪にとっては良くないので、乾かしすぎは避けましょう。
ドライヤーを使う時は、毛先から乾かすのではなく髪の根元から乾かすようにしてください。毛先は自然乾燥が理想です。また1日に何回も髪を洗うのは危険な行為です。
シャンプーをするとき、また髪を乾かす際は以上に注意して、サラサラ髪のベースをしっかりつくりましょう。

■紫外線を浴びている
紫外線は、髪にとっては天敵です。
近年は一昔前と比べると、紫外線の強度が増していると言われます。
紫外線を浴びてしまうと、髪がもっているメラニン色素が壊れてしまい髪を痛める原因となってしまいます。
普段、外出する際にあまり意識されてない人も多いと思います。自分が思っているよりも頭の部分というのは、紫外線を浴びやすい部分です。
髪の先端が赤みがかった茶色になっているなどは、紫外線を浴びすぎたことによる影響です。
日照りが強い日などに、紫外線を浴びている人はパサパサ髪の原因のひとつといえます。

■偏食による栄養不足
髪の毛も体と同じで、普段の食事からの栄養を元につくられています。
髪を作っている成分は、たんぱく質です。たんぱく質が不足していると髪に栄養が不足してしまい、潤いのある髪をつくることができません。
また、頭の血行を良くするのはビタミンです。ビタミンを摂取することで体内から髪にとって良い成分をつくることができます。
この二つが不足していると、パサパサ髪になりやすい体質になってしまうので意識して摂取するようにしましょう!
また揚げ物や肉は、頭皮に脂がたまりやすくなってしまう食物です。食べ過ぎには注意しましょう。

■パーマやカラーの過度な負担
可愛いカラーにしたり、ふんわりパーマで可愛い髪型にしたい。
これは多くの人が持っている願望ですよね。
しかし、髪にとってはとても多くの負担となっているのも忘れないでください。
パーマは、髪の分子を一度分解するものなので負担がとても大です。間隔を空けずに断続的にパーマをかけるのはさけましょう。
またカラーをする際に、自分でカラー剤を買って染めるのも危険です。美容室などはその人の髪質にあった、カラー剤や適量を施してくれるのでなるべく負担がかからないようにしてくれます。
自分で染めると過度にカラー剤をつけすぎたりして、髪を傷めてしまうのでダメージが気になる人は、お店で染めるようにしましょう。

■ストレス
ストレスを多く感じていると、パサパサの髪になりやすくなってしまいます。
ストレスを感じることでホルモンバランスの乱れが発生してしまい、血の流れが悪くなってしまいます。そうなると、髪の毛を美しい状態に保つために必要な成分を、頭皮まで届けられなくなってしまうため、少しづつ髪の毛の質が悪化してしまうのです。
また、ストレスにより髪の毛をかきむしたっりする仕草をすると、髪の毛に負担をかけてしまうので、辞めるようにしてください。
ストレスをあまりためずに、リラックスした生活を心がけましょう。
2015/09/05 06:11
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードから探す