Qアイロンを使わずブローで伸ばす縮毛矯正は髪は傷まないということの真偽について。
アイロンを使わずブローで伸ばすのでうちの縮毛矯正は髪が傷みません、というのをうたい文句にしている美容院に15年間通いました。
その間、最初にそのやり方を考えた美容師はいなくなっていたようです。
約1年前、担当の美容師Aが産休になり、現店長である美容師Bが代わりにやってきました。
美容師Bは、「この店は縮毛矯正を売りにしているのに、なんでお客さんの髪が皆傷んでいるのか????」と最初思ったそうです。
そして、他の店では縮毛矯正は皆アイロンでやっているため、美容師Bはこの店の縮毛矯正の方法をほとんどやったことがないにも関わらず、入ってきてすぐに私の縮毛矯正を施術しました。
そうしたところ、髪はちりちりボーボー、この美容院で、髪が焦げるくらい強くブローしてもらうと分かりませんが、自分でブローをしようとするとブラシも通らなくなりました。
北海道に旅行に行った時に、恥ずかしいので、ホテルの人に美容院を紹介してもらい、理容院と併設しているような田舎の美容院でシャンプーブローしてもらったところ、なんと、美容師がブローしてもぼさぼさのままで、ホテルに戻った時にホテルの人も絶句しているような状況でした。
この店には、15年間も通い、年間50万円以上支払ってきたので、社長に懇願され、まだこの店に通うことにしました。縮毛矯正以外のメニューでです。
そして、今年7月、Bに再度縮毛矯正をしてもらうのは大いに不安でしたが、Bが「前失敗した原因は分かって勉強したので今度は失敗しない。」と言うので、こわごわBに再度縮毛矯正してもらいました。
そうしたところ、今度はちりちりボーボーにはなりませんでしたが天然以上の変なクセがついてやはり自分ではブローでは伸ばせません。ここで初めてこの店や他の店に相談したところ、縮毛矯正は①薬剤で髪の結合を緩め②髪をストレートにし③その状態で固定する。という順番を取っているところ、②でアイロンを使わないのであれば①の薬剤での髪の結合を緩める程度を強めなければならず、さらにアイロンできちんと伸ばさずに③で固定液を使うと変なパーマをかけて固定されたのと同じ状況になることが分かりました。美容師Bは他店出身なので怖くて①②がきちんとできないようです。こんな仕組みになっていたとは、店の宣伝って嘘じゃないですか?

解決済み1
2014/12/21 16:49

ベストアンサーに選ばれた回答

A傷む傷まないは別として、アイロンを使わずブローで伸ばすという施術方法の縮毛矯正はかなり昔から存在しています。

縮毛矯正”という言葉はそのような施術を行っていたお店が初めてネーミングしたのではないかと思われます。

その後アイロンを使用した縮毛矯正が主流になったと思います。

施術の順序云々”施術の要所要所の注意などは、施術内容によって施術する髪によって施術者によって違いはあります。

そのようなお店でも熟練の技術者の施術なら、綺麗になったのかもしれません。

内容を拝見し、原因は?という事を知りたいのなら間違いなく施術者のミス・未熟さからの失敗だと思います。

お店の宣伝は、宣伝”ですから髪が生えると言って生えなかった毛生え薬や、痩せると言って痩せなかったモノと同じうたい文句です。

あくまでも宣伝”PR”ということで、そうなった方もいる”という事だと思います。

あなたの髪を綺麗な髪、スタイルにできなかったその方の技術力”という事だと思います。

そのお店でのクレームとしての処理・施術が上手くゆく事をお祈りいたします。
2014/12/21 17:06
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す