Q散髪についてです。中3男子です
髪が伸びてきたので友達にどこで
髪を切っているかきくとみんなが
美容室に行っているので驚きました僕はほとんど床屋で切っています
僕の偏見だと思います
が美容室など
に行くのは女性の方が行くものだと思ってました、美容室に行くのは女性だけではないんですか?それとも中3にもなって美容室に行ってない僕がおかしいのでしょうか?
回答お願いしますm(_ _)m

解決済み2
2014/04/20 23:39

ベストアンサーに選ばれた回答

A髪の毛にこだわりたいなら、お店変えるのもいいのでは。
美容室の方がいっぱいあるので、1000円カットがイヤとかだと、男性も美容室行きますよ。顔そりはないです。

美容師の男性カットが違法と載せてる方がいますが、違法ではありません。美容師法では、顔そりができないだけです。性別は関係ありません。
2014/04/21 00:15

質問した人からのコメント

違法とか違法じゃないとか初めて 知りました!今は 髪の毛に特にこだわりなんかないけど気にする年頃とかになったらお店を変えてみたいと思います。 回答ありがとうございました。

2014/04/21 15:31
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答1件
A理容師は希少です。
1000円カットは床屋の振りしていますが、多数は美容室です。

法律では資格により出来る業務が分けられています。
カット顔剃りは理容の業務ですが、
理容師がカットの伴った男性パーマが出来ることとの交換で、
美容師は女性カットは出来ますが男性カットは違法です。
1000円カットは床屋の振りした美容室が多数です。

法律の分からない方に教えます。
元々は同じ法律の同じ資格で、出来る業務にも制約がありませんでしたが、美容師が独立して二つの法律に分かれました。
法律による出来る業務の違いはこのようになっています。
理容の定義・・カット、顔剃りなどにより容姿を整えること。
美容の定義・・パーマ(*パーマの一環としてのカットは含む)、結髪、化粧などにより容姿を美しくすること。
これが法律での違いです。

法律が二つになってもそれまでどおり、
出来る業務には制約がないものだと思っていたのは理容師だけでした。

かつて 理容師のパーマは美容師法違反だとの訴えがあり大騒ぎになったことがあるのですが、
厚生省がいったんその主張を認めたために大変なことになりました。
実際に床屋に男性パーマのお客さんが来たら美容師の方が入ってきて、「パーマは美容師でなければ掛けられません。」と言われ、お客さんにその美容師の美容室に行ってもらい、戻ってきたのをカットしたことがあります。
美容の業が美容師でなければ出来ないのであれば、理容の業は理容師でなければ出来ません。

調整案の昭和53年厚生省通知により決まったことは
理容師にはカットの伴った男性パーマだけを認め、
交換に
美容師には女性カットだけを認めました。

それまで何でもやっていた理容師に対してはトテモ厳しい行政指導が行われたことで、これを忘れた理容師はいません。
なお、
高知市保健所は昨年10月28日、市内美容所に対し根拠法令を示し、法令遵守の通知を発令したようです。
今後は従わなければ『警告』だそうです。
2014/04/21 09:18
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す