ハサミのアイコン酸性カラーとは

酸性カラーとは、ブリーチせずに髪の表面に色素を入れるカラー剤のこと。
ヘアマニキュアを指すことが多い酸性カラーは、アルカリによって髪のキューティクルを開かせ、色素を入れるアルカリ性カラー剤(一般的なカラー剤)とは違い、髪の表面に色をつけてコーティングするのが特徴。

内部まで入らないことによりダメージは低く抑えられるが、その分酸性カラーの発色や色持ちはアルカリ性カラーよりも弱いことが多い。

黒髪に使用しても変化がわかりづらい酸性カラーだが、ブリーチ毛や白髪などに使用するとアルカリ性カラーよりも鮮やかな色を出せることがある。(黒髪にヘアマニキュアを使用するのは、黒い画用紙にクレヨンで色をつけるようなもの、と例えられる)

アルカリ性カラーでは難しい「真っ赤」「真緑」といった色にするなら酸性カラー剤を用いるのがおすすめ。ただ、込み入ったカラーを扱っていない美容室も多いので、珍しい色味にする場合は事前に相談した方が良い。