ハサミのアイコンダウンパーマとは

ダウンパーマとは、サイドや襟足、ハチ周りの膨らみやボリュームを抑えるためにかけるパーマで、頭皮に張り付く程にボリュームを抑えて全体のおさまりやバランスを良くすることできるのがダウンパーマの特徴。

韓国のメンズを中心に大流行のダウンパーマは、ボリュームをダウンさせるパーマ、あるいはアイロンダウンパーマの略称と言われており、ストレートパーマや縮毛矯正の薬剤を利用して根元から毛のボリュームを抑えむことで、サイドやハチ周り、襟足のボリュームがなくなり、トップのボリュームを目立たせるヘアスタイル。

刈り上げはせずにサイドのボリュームを抑えたい、襟足の生え際のくせが気になる、クセ毛でサイドが広がりやすく頭が大きく見えがち、ハチ周りが張っていてボリュームが出てしまい全体のバランスが悪い、ツーブロックにした後の膨らみが気になる、などの悩みを持つ人の間で話題となっているパーマ手法。

ドライヤーやワックスを使ったスタイリングでも膨らみを抑えることは可能であるが、頭の形が縦長な欧米人と比べて8割以上がハチ周りが張っていると言われている日本人の間でも流行りつつあるヘアスタイルである。

ダウンパーマのヘアスタイル一覧
|
|
ダウンパーマ
コンマヘアー