ハサミのアイコンコラーゲンとは

コラーゲンは細い髪や薄毛に効果があると注目されている。
加齢とともに体内のコラーゲンが減少することが、髪にも影響を与えているという研究もある。

コラーゲンは体内で生成されるが、コラーゲンを配合した食品を口にしたからといって直接生成量が増えるわけではないということが明らかになってきている。
コラーゲン自体はたんぱく質だが、口に入るとアミノ酸として分解され、再びたんぱく質に作り変えられるが、どの程度コラーゲンになるのかは分かっていない。

アミノ酸はバランス良く摂取することが大事なので、コラーゲン食品のみでなくさまざまな食品から満遍なく必須アミノ酸(体内で生成できないもの)を摂るのが結果的に身体に良いとされている。