桐谷美玲がナビ♡ 今すぐ手に入れたい【憧れブランドバッグ】7選

憧れであるハイブランドとの距離も少し縮まるアラサー世代。モダンなデザインからクラシックなものまで、こだわりが詰まった最愛バッグを、ジャストBAILA世代のカバーモデル、桐谷美玲がチャーミングなスタイルでナビゲートします♡


バッグ(16×28×7)¥292000/シャネル
【シャネル/近未来的フェミニンを表現するグリッターピンクに魅せられて】宇宙をイメージさせるフューチャリスティックなニュアンスを秋冬のテーマに掲げるシャネルからは、新たにグリッターピンクのアイコニックなチェーンショルダーバッグが仲間入り。表情のあるマテリアルも相まって、遊び心満点の存在感に心ときめく。振り切った可愛げを味方に、周囲の目に留まる最上級のフェミニティを手に入れて。


【グッチ/アグレッシブなディテールにドキッ! 大胆不敵のミックス感に恋して】
レオパードにストライプリボンのストラップ、チェーンモチーフのクロージャーと、端正なフラップバッグをいたずらに刺激する「シルヴィ」。ダブルGバックルが象徴するベルトバッグという新提案もまた、おしゃれへの高揚感を呼び覚ますスイッチに。バッグ(レザーストラップつき)(17×25.5×8)¥333000・ベルトバッグ(11×18× 5)¥120000/グッチ ジャパン(グッチ)


【ルイ・ヴィトン/今の感性を刺激するネオクラシック。「こんにちは、私の新定番」】
まるで深いボルドーのルージュをさしたように、レディシックな表情が目新しい「モノグラム・ラインポパンクール」。時代を超えて愛されるモノグラムにモダンなエッセンスが加わり、思わず見とれるほどのノーブルさ。バッグ(ストラップつき)(21×32×13)¥266000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)


【フェンディ/自分色にD.I.Y.して常に新鮮な気持ちで】
"F is FENDI"ロゴがあしらわれたメタルリングに、クリーンな配色が冴える大小異なるポーチを連ねた「トリプレット」。ポーチは取り外せて単体使いできるうえ、コーディネートに合わせた色やボリューム感のカスタムも楽しい。バッグ(日本限定色)(16×23.4×1)¥138000/フェンディ ジャパン(フェンディ)


【エルメス/思いきり色やフォルムで遊ぶ小ぶりなバッグがニューエントリー】
オリガミの手法から着想を得たというユニークなフォルムと、なんとも可愛らしいサイズに心惹かれるクラッチバッグ「オプリ」。見た目とは裏腹、中は3つに仕切られ、収納力の高さも優秀。発色が美しいライムイエローは、色が沈みがちな秋冬スタイルに鮮烈な彩りを添えてくれる。カジュアルからドレスアップまで頼れるパートナーになりそう。バッグ(12×21.5×8)¥380000/エルメスジャポン(エルメス)


【ディオール/ボヘミアンな空気をまとい意外性のあるエレガンスを体現】
上品なたたずまいをいい意味で裏切る、渋みのあるゴールドのスタッズ使い。このラフな落とし込みが、シーンレスに映えるポイント。別売りのメダルつきストラップを添えれば「ディオールアヴェニュー」が持つボヘミアンな雰囲気が鮮明なものに。バッグ(ストラップつき)(22.5×22×9.5)¥325000・ストラップ¥180000/クリスチャン ディオール(ディオール)


【サンローラン/ポイント使いのパワーレッドが小気味よい可愛げを約束】
ドキュメントフォルダーを現代風にアレンジしたという「ベルシャス」は、無駄な装飾を省いたシンプルさが洗練を生む。だからこそ生きるのが、趣のある赤。唯一のアクセントになっているクロージャーはエイジング加工が施され、ミスマッチ感にセンスが宿る。バッグ(ストラップつき)(16×22×9)¥195000/イヴ・サンローラン(サンローラン)
いかがでしたか? 大好評発売中のBAILA10月号では、平日の高見えレザーバッグ&休日のマイクロショルダーバッグ、おしゃれプロのキープ靴から、BAILAが厳選したトレンド靴など、秋のシューズ&バッグ特集を展開中! もちろん、コーディネート情報も満載ですのでぜひチェックしてみてくださいね。リサ・ラーソンとのコラボトートバッグも付録でついてきます♡

撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/中村未幸〈Lila〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/桐谷美玲 取材/榎本洋子 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です

関連記事

提供元:    @BAILA

ファッション関連の記事