メゾン マルジェラ 2017年秋冬アーティザナルコレクション - 現代的なニューグラマーを提示


メゾン マルジェラ(Maison Margiela)の2017年秋冬アーティザナルコレクションが発表された。

今季は“ニューグラマー”というアイデアからインスパイアされ、現代に適したグラマーの在り方が提示された。グラマーというと、女性の色気を感じるゴージャスなスタイルが典型的だが、メゾン マルジェラのグラマーはあくまで謙虚な形で表現される。

その例として最も分かりやすいのはカラーパレットだろう。スキンカラーやブラックといったニュートラルで控えめな色彩が主として用いられ、時折現れるゴールドやブルーといったグラマーを象徴する古典的なカラーを際立たせる。

また、メンズライクな格子柄も控えめなグラマーの表現に加勢する。アンコンストラクテッドでありながらテーラーの美しさを備えたウールコートに仕立てられ、デコルテを露わにした挑戦的な着方で披露された。しかし、せっかくデコルテを出したにも関わらず、あえて首元までしっかりと覆う肌色のインナーを着こむことによって、安易で直接的な表現は抑制する。

グラマーを控えめな色やマスキュリンな素材で示したり、あえて包み隠したりするような逆説的な表現が、最もユニークな形で現れたのが、シルクオーガンジーに非常に細かいプリーツをかけて段ボールのうねりを再現した段ボールドレスだ。大量のオーガンジーを贅沢に使用してあえて粗末な段ボールを再現するところに、アイロニカルで斬新なリュクスを感じ取ることができる。

また、洋服の本質を追求するためにメゾン マルジェラが継続的に用いている手法“デコルティケ”は、版画技法のひとつであるリノリウムプリントを表現したドレスに登場した。地の黒を透かすようにして重ねられたリノリウムブロックは、洋服の内部を見せるという目的を果たすと同時に、装飾的な意味でも効果的な役割を発揮している。

関連記事

提供元:    ファッションプレス

ファッション関連の記事