週末も着たくなるジャケットとは? こなれスタイルを作るならこの2択

「ジャケット」と聞くと無意識に、オフィス用の服というイメージを抱きがちですが、この春は平日使いだけではもったいない! なにせ今季は、地味で堅苦しいデザインばかりじゃないんです。

かっちり系のベーシックジャケットをすで持っているなら、次に必要なのは一枚で着映え効果を発揮するデザイン。平日はもちろん、土日だって着たくなるおすすめ2大ジャケットを、デニム合わせのコーディネートでご紹介します。

クール派はダブルのチェック柄ジャケット

「シャツ×デニム」というきわめてベーシックなコーディネートに、例えばシックな黒ジャケットを合わせていたのでは、地味で堅苦しい雰囲気になってしまいますよね? そこで頼りになるのがチェック柄。きちんと感をキープしつつ地味さを払拭してくれるので、オフィス使いするときも強い味方です。今季なら、ダブルのロング丈がおすすめですよ。

ネイビー系チェックもおすすめ

グレーやベージュ系チェックに続いて、安定のネイビーも着回しの効く万能カラー。やはりダブルのロング丈が今年っぽいバランスです。身幅の広いダブルのジャケットは、マニッシュな雰囲気が高まるので、ヒールを合わせたりデコルテの開きを意識するなど、どこかに女らしさを取り入れるのがポイントです。

レディ派はツイードジャケットが狙いめ

かっこよく仕上げるならチェック柄ジャケットが最適ですが、もっと女らしさが欲しいときはツイードが狙いめ! この春は、久々にツイード人気が復活の兆しを見せているんです。

 

ツイードは、生地自体に十分エレガントな要素があるので、カジュアルコーデに一枚羽織るだけでも、上品な女らしさを上乗せしてくれます。

羽織り感覚なノーカラーのカラーツイード

よりライトな感覚で羽織れる、堅苦しさを取っ払ったノーカラータイプもおすすめです。さらに色鮮やかなミックスツイードなら、ジャケットコーデさえも華やかに見せてくれること間違いなし!

ツイードジャケットの着こなしには、チェーンバッグを斜め掛けするのも、今っぽく見せるコツですよ。

 

 

最近ジャケットを着なくなったという人も、おしゃれなデザインが豊富なこの春は、久々にジャケットが恋しくなるのではないでしょうか。着映えジャケットを探しているなら、ダブルのチェック柄かツイード素材か。そのどちらかをおさえておけば、ONもOFFも着回しできて、使えること間違いなしです!

関連記事

提供元:    Spark GINGER

ファッション関連の記事