99.9-刑事専門弁護士- SEASONII:松潤主演ドラマ続編 “帰ってきた”感が存分に楽しめる第1話


 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまで、さまざまなジャンルのテレビ番組について、放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は、人気グループ「嵐」の松本潤さんが主演する「日曜劇場」枠の連続ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」(TBS系)だ。
 冒頭では民事の仕事に戻ってしまっていた佐田が、渋々ながら刑事事件専門ルームの室長に戻り、再び深山と佐田の名コンビが早々に復活。お笑いコンビ「ラーメンズ」の片桐仁さん演じるパラリーガルの明石達也や、マギーさん演じる藤野宏樹らの相変わらずのやりとりや、深山が居候する割烹(かっぽう)料理店「いとこんち」の店長を演じるソロユニット「レキシ」の池田貴史さん、深山に片思いしている常連客・加奈子を演じる岸井ゆきのさんも登場し、あのドラマが“帰ってきた”と実感できる。
 前回のヒロイン、榮倉奈々さんが演じたプロレス好き女子(プ女子)の弁護士・立花彩乃がいなくなり、「もうプロレスの小ネタが見られない?」と思いきや、「アジアン」の馬場園梓さん演じる新パラリーガルの中塚美麗が、実はプ女子?という面をチラ見せ。元裁判官でエリート感があり、とっつきにくそうなヒロインの舞子も、第1話から意外な“趣味”を見せるなど、ほかのメンバーにも負けない強烈な個性の片りんが垣間見える。
 これまでの弁護士VS検事の構図に裁判官が加わり、ストーリー展開もさらにリアルにパワーアップ。舞子の考え方や行動にも、ほかのドラマにはない元裁判官という新キャラクターの妙味が感じられる。個人的には、深山や佐田のやりとり、周囲をあきれさせるおなじみのオヤジギャグがさく裂するたびに、“帰ってきた”感が堪能できてほくそ笑んだ。今後の新キャラクターの活躍にも興味津々だ。
 「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」は、14日から毎週日曜午後9時に放送、初回は25分拡大。

関連記事

提供元:    毎日キレイ

エンタメ関連の記事