気づいたらチョコに手が……知らない間に食べるのをやめる方法


マインドフルな食事については、あなたも聞いたことがあるはず。間食のこととなると、このマインドフルネスが悪い癖をやめるための一番の方法。



この “間食健忘症” の普及に関する実態調査が行われた。その結果、イギリスに住む女性の70%が、中身や量をまったく考えずに食べ物を口に運ぶと回答するほど、この問題が蔓延していることが発覚したそう。



無意識に食べているのはいつ?


調査に参加した女性の10%は、深夜に食べることが実際にあることを認めている。でも、最も無意識に間食しやすい瞬間と、その理由って?



疲れているとき


32%の女性が、眠たいときに食べ物に手を伸ばしてしまうと答えたそう。ネットフリックスを観るのはやめて、パソコンを閉じよう。



料理中


ディナーを作りながら食べてしまう女性の数は全体の29%。どうしようもないほどお腹が空く前に料理を始めることが大切。



移動中


20%の女性が、移動中におやつをバクバク食べ続けると回答。駅の売店に要注意。



子供といるとき


子どもの面倒を見ながら、レゴ、お人形、ファミリーサイズのおやつをとっかえひっかえする女性の割合は22%に上った。



無意識の間食をやめるには



準備する


何事にも準備が必要。その日に食べたいものを考え、事前にヘルシーなおやつを買っておき、出勤時間までに必ずバッグに詰めておくこと。



ミックスする


ヘルシーなおやつは、かなり味気なく見えることも。毎日セロリスティックばかり食べていれば一段と退屈。ナッツ、フルーツ、たまにはダークチョコレートも取り入れて、創造力を発揮しよう。



サインを見逃さない


いつも4時になるとお腹が空くなら、それに対応できる準備をしておくこと。通勤時間が長すぎて耐えられないなら、バッグにリンゴを詰めて。ポテトチップスに手が伸びるタイミングが分かったとすれば、あなたの行動は十分パターン化されているのかも。




※この調査は、カリフォルニア州アーモンド委員会によって実施されました。


※この記事は、イギリス版ウィメンズヘルスから翻訳されました。


 

関連記事

提供元:    Women's Health

ダイエット関連の記事