ほぐしにくい背中のコリに効く~!たるまない後ろ姿をつくるヨガポーズ

こんにちは、コラムニストの愛子です。二の腕や脚と違って、おざなりにされがちな「背中」。どうケアすればいいのかわからないという方も多いかもしれませんね。そこで今回は、背中を伸ばし、凝りをほぐして疲れを癒したいときにおすすめのヨガポーズをご紹介します!

ドルフィンポーズ(イルカのポーズ)

(1)壁の前で四つん這いになり、両肘から手の平までを床につける。足は腰幅に開き、肘の真上に肩、膝の真上にお尻がくるようにする。つま先を立てる。

(2)お尻を踵の上に運び、息を吐きながら両膝を伸ばしお尻を持ち上げる。余裕があれば足裏全体を床につける。3~5呼吸を目安にキープ。

(3)余裕がある方は、手の平を合わせ、腕(肘から下)で床を強く押す。3~5呼吸キープ。

(4)息を吸ってお腹を引き締める。
(5)息を吐きながら両膝を床に戻し、(1)の状態へ戻る。

ポイント

・(3)が辛い場合は、(2)でキープして体を慣らしましょう。
・(3)のとき、両手を組んでもOKです。

・痛くて膝を伸ばすのが難しい場合は、足踏みをするように片足ずつ伸ばしていきましょう。

期待できる効果

・背中のストレッチ効果
・ストレス解消
・心身を休める
・憂鬱な気分を軽減する
・脚のストレッチ効果
・消化機能を高める

おわりに

意識をしないと、日常生活で背中を伸ばす機会って少ないと思います。背中に限らずですが、体が凝っているとその周辺の血行が悪くなり、たるみや老化につながります。背中のたるみが気になる方は、毎日伸ばす時間をつくってあげましょう。

このポーズは太ももの裏側やふくらはぎも伸ばしてくれるので、忙しい方にもおすすめの万能ポーズと言えます。ぜひトライしてみてください!

執筆者

愛子 コラムニスト、モデル

Instagram
Amebaブログ

関連記事

提供元:    美LAB.

ダイエット関連の記事