太もものむくみを軽減してスッキリ脚に。血行促進&代謝UPを叶える簡単ストレッチ

年末に向けて日々忙しくなっていきますが、忙しい日は立ちっぱなし、座りっぱなしなど1日を通して同じ姿勢で過ごすことになることも多く、下半身のむくみに悩まされる方も少なくないはず。ぜひ1日の終わりにしっかりケアして翌日に悩みを持ち越さないことが賢明です。そこでオススメしたいのが「大腿四頭筋ストレッチ」になります。

この大腿四頭筋は膝や骨盤、股関節の機能に関わり、姿勢の保持にも重要な役割を果たす筋肉で、下半身の中でも大きい筋肉の1つ。この筋肉をストレッチすることでむくみの軽減はもちろんのこと、血行促進や代謝UP効果も望めるので、ダイエットや冷えの予防にもつながっていきます。早速やり方とポイントをチェックしてみましょう。

むくみの軽減や血行促進&代謝UPを叶える「大腿四頭筋ストレッチ」

(1)片足を前に出し、後ろ足は膝を着く ※床に着いた膝が痛い場合は、下にタオルを敷いてください

(2)上半身を背筋を真っ直ぐにしたまま前傾させて前側の足に重心を乗せ、後ろ足の甲を持って、かかとをお尻に引き寄せて息を吐きながら30秒間キープする

※後ろ側の脚の太ももの前側が伸びていることを意識しながら左右それぞれ行います

この「大腿四頭筋ストレッチ」の効果をしっかり得るために大切なのが、後ろ側の脚を置く位置。

上写真のように身体に近すぎると期待している効果を発揮できず、逆に体を痛めたりしてしまう場合もあるので自分にとって最適なポイントを見つけてください。

シンプルなストレッチ法ですが実際やってみると太もも周辺の筋肉がほぐれて動きが良くなるのを実感できるはず。ぜひ日々のボディケア習慣に取り入れて、むくみ知らずのスッキリ脚をキープしていきましょうね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>

関連記事

提供元:    beauty news tokyo

ダイエット関連の記事