ダイエットなしで自然に痩せる!痩せやすい体になる5つの生活習慣

はじめに

こんにちは、ダイエットカウンセラーの藤原久美子です。
世の中には、頑張ってダイエットをしても痩せずに太っている人と、特に何もしていないのに痩せている人がいます。
一生懸命ダイエットしている人にとっては、何も気にせず痩せている人が羨ましく思うでしょう。
なぜこのような違いが生まれるのでしょうか?

痩せやすい体になるための行動

太るのには太る原因が、痩せるのには痩せる原因があります。
知らず知らずのうちに、太っている人は太る行動を、痩せている人は痩せる行動をしているのです。
では、痩せやすい体になるためには、どんな行動をしていけばいいのでしょうか。

一日三食食べる

痩せやすい体になるための基本は食事。
朝・昼・夕と一日三食食べるようにしましょう。

出典: http://latte.la


ただし、ライフスタイルによっては、朝は水分や果物だけだったり、一日二食がいいという場合もあります。
自分の体が元気に動くような食事のスタイルを、見つけていきましょう。

こまめに動く

ウォーキングやジョギングなどの運動をするといいでしょう。
運動する時間を作れない場合は、日常生活の中でこまめに良く動くようにします。

出典: http://latte.la


掃除をする、立ったり座ったりする回数を増やす、早足や大股で歩くなどは、生活の中に簡単に取り入れることが出来ますね。
普段の生活の中での行動量を増やしていくと、体にとって必要な筋肉がつき、自然と痩せやすい体になっていきます。

水分をとる

一日に1.5リットルから2リットルの水分をとることが、健康にもダイエットにも美容にもオススメです。
こまめな水分補給を心がけましょう。

出典: http://latte.la


その際、お茶やコーヒーなどではなく、常温のお水か白湯にしましょう。
冷たい水分は体を冷やしてしまうので、なるべくとらないように注意します。

カロリーを気にし過ぎない

カロリーを気にするのではなく、栄養のバランスに気を使いましょう。
『ご飯は太る』というイメージが強いためか、ご飯を残す人がいますが、ご飯は体に必要な栄養源。
ご飯もおかずも、まんべんなく食べるようにします。

出典: http://latte.la


『太るのは嫌だから、これを残そうか』『本当は食べたいけど、何だか太りそう…』
そう罪悪感を抱きながら食べることはやめましょう。
嫌な気持ちで食べるより、『美味しい!楽しい!』と思って食べた方が太りにくくなります。

夜はきちんと寝る

良質な睡眠は、ダイエットの強い味方になります。
夜しっかり眠ることで、余計な食欲を抑えることが出来るのです。

出典: http://latte.la

さいごに

痩せやすい体になるためには、規則正しい健康的な生活を送ることが一番です。
無理はせず、イキイキとした毎日を過ごせるような、そんなダイエットをしていきましょう。

関連記事

提供元:    Column Latte

ダイエット関連の記事