体の内側から脂肪燃焼効果も。背中のたるみを引き締める簡単ポーズで後ろ姿美人に

「夏までに体を引き締めよう!」と固く決意していても、時間に追われて1日があっという間に過ぎてしまうという方は少なくないと思います。ベッドに入ってから気付いても「もう起き上がる気力も出ない…」なんてよくあること。そんな時に役立てたいのが、寝たままの状態で手軽に実践できるヨガの簡単ポーズ「ダヌラ・アーサナ」です。

弓なりになって体の前面を伸ばすとともに体の背面を鍛えるポーズなので。背中の引き締めやヒップアップに効果があり、さらには内臓機能を高めて内臓脂肪の燃焼も期待できます。早速やり方をチェックしてみましょう。

背中のたるみを引き締める「ダヌラ・アーサナ」

(1)床や硬めのベッドの上にうつ伏せになり、両手で両足の甲を持つ

(2)額をマットにつけ、お腹に力を入れて上体と両脚を引き上げ、この姿勢を3呼吸キープする

なお、安全に行うためには「両脚を閉じた状態で行うこと」が大切になります。

上写真のように「両脚が腰幅以上に開いている状態」だと腰を痛めることがあるので注意して実践してください。

「ダヌラ・アーサナ」は“毎日続けること”が効果を高めるポイントです。うつ伏せになって両脚を腕で持ちながら上げるだけの簡単な動きなので、習慣化もしやすいはず。ぜひ背中周りの引き締めやヒップアップに役立ててたるみを感じさせないオンナらしいボディへと整えていってくださいね。<text:本田香 photo:カトウキギ ヨガ監修:YUKIE(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴4年)>

関連記事

提供元:    beauty news tokyo

ダイエット関連の記事