忙しい時もこれで安心…♡休み時間にできる「化粧直しテク」4選!

「がっつり化粧直ししたくても、時間がなくてできない」
そんなときに、ささっと時短でできる化粧直しテクをご紹介します。
休み時間にできるので、ぜひお試しください。

●(1)皮脂はティッシュオフ

『ティッシュなら化粧崩れせずに脂をとれるのでいいですよ』(25歳/IT)

皮脂はあぶらとり紙ではなく、ティッシュでオフするのが正解。
あぶらとり紙は皮脂を取りすぎる傾向があります。
お肌にとってはよくないので、ティッシュを優しくあてるだけにしましょう。

ティッシュをあてるだけでも余分な皮脂が取れ、化粧崩れが防げます。
さらにオフィスならティッシュが常備されているので、持っていなくても安心。

「ちょっとテカっているかも?」と思ったときは、オフィスのティッシュを1枚拝借しましょう。
鼻をかむフリをしてトイレに行けば、いつでも皮脂をオフできます。
小鼻のテカリも抑えられる ので、お試しください。

●(2)ファンデがよれたら綺麗なスポンジで馴染ませる

『綺麗なスポンジで直すようにしてから、化粧直しが早くなりました』(24歳/営業)

ファンデがよれていると、塗り直したくなるものです。
しかしよれたファンデの上にさらにファンデを重ねるのはやめましょう。
時間がたつと、ますます化粧崩れがひどくなる原因 になります。

時間がないときは使い捨てスポンジで、よれた部分を馴染ませましょう。
とくに口周りはファンデがよれやすいので、よく馴染ませてください。
上から軽くフェイスパウダーかファンデで抑えれば、キレイになります。

●(3)リップをなじませた綿棒でパンダアイを修正

『リップがこんな風に役に立つとは思いませんでした…!』(25歳/受付)

マスカラやアイライナーの落ちが原因のパンダアイは、綿棒で修正しましょう。
普段使いの透明リップを綿棒の先につけるだけで、リップの油分で落ちがアップします。
化粧品には油分が含まれているので、水よりも油でなじませるほうが落としやすい のです。

綿棒に水道水をつけてゴシゴシこするのはNG。
目元の皮膚は薄く、傷つきやすいものです。
ゴシゴシこするとくすみの原因にもなるので、注意しましょう。

●(4)リップ&チークで色をのせる

『リップ&チークはズボラ女子にとって最強アイテムだと思います』(27歳/看護師)

落ちた口紅やチークは、リップ&チークを部分使いして直しましょう。
ポーチから口紅とチークを出して…となると時間がかかります。
1つで2役を兼ねるリップ&チークなら、ポーチからさっと取り出すだけで口紅とチークに使えます。

必要な分だけ指でとって使えるので、量を調整しやすいのも魅力です。
色が落ちている部分にだけ足すようにすると、時間の節約にもなるでしょう。
時短で化粧直しできる、おすすめアイテムです。

----------

化粧直しをしたいけど時間がないときに、簡単にできる化粧直しテクをご紹介しました。
それほど時間をかけなくても、十分に化粧を直せます。
休み時間にささっとお直しして、1日中キレイなメイクをキープしたいですね。

(文/恋愛jp編集部)

関連記事

提供元:    恋愛jp

ビューティ関連の記事