貧相&老け顔に見えてしまう薄眉をチェンジ!美人アーチ眉のプロセス教えます

ファッショントレンドの変化に合わせて変化する眉。美しいアーチ眉の作り方を、「MAQUIA」9月号からご紹介します。

教えてくれたのは
ヘア&メイクアップアーティスト
レイナさん
品のある美人メイクと明快な論理で、あらゆる世代から支持を受ける実力派。完全予約制のメイクセミナーも大人気!

貧相&老け顔に見えてしまう
薄眉タイプ

毛量が少ないので、間違うとベタッと重い眉になってしまう。クリーム×パウダーで自然な立体感を引き出して。

クリーム×パウダーを重ね
“描きました”感を回避!

薄眉さんは、ペンシルやリキッドなどの単体で描いてしまうと“描きました”感が出てしまう危険があるので、ナチュラルに仕上がるクリームタイプを。眉尻→中央→眉頭の順番を守り、上からパウダーを重ねることで、ふんわり立体感のある毛流れが誕生。

a左側はジェルとワックスの中間のようなクリームっぽい質感。その上から右側のパウダーを重ねると、自然とふんわり。ポマードアンド パウダーブロウ デュオ アッシュ ¥3300、b立体感を調整できるa専用ブラシ。ブロウ ブラシ ダブルエンド N ¥4200/ローラ メルシエ cKOBAKOアイブロウブラシ ¥1800/貝印 dシュエトゥールズ ブロー&アイラッシュブラシ ¥1200/資生堂


薄眉  今どき美眉How to

下ラインからスタート

aの左側のクリームをbの平らなブラシに取り、ブラシを立てながら眉下ライン(黒目上〜眉尻)を描く。

中央はブラシを寝かせて

眉山はブラシを立て、黒目外〜白目外の間に描く。その後、ブラシを寝かせ、中央を埋めるように描く。

濃く描きたい眉尻から

今度はbの反対側の細筆に、aの右側のパウダーを取る。一番濃くしたい眉尻から描くのがポイント。

下ライン→眉山を描く

眉尻を描いたら、黒目上から眉尻への下ラインを描く。その後、眉山から眉尻のアウトラインを仕上げる。

中央全体を色づける

bのブラシは寝かせて、中央全体を埋めていく。立体感を出すため、中央はパウダーで濃いめに色づけて。

余ったパウダーを眉頭に

ブラシに残ったパウダーを、眉頭にON。鼻筋の延長に眉頭を設定し、毛を立てるように描くのがコツ。

鼻筋からまぶたに影を

さらにcの眉ブラシでaの右を取り、眉頭から鼻筋を通り、上まぶたのくぼみに影を作る。黒目上までを目安に。

毛流れを整えて完成!

dのスクリューブラシで毛流れを整える。眉頭は立てつつ、アウトラインをぼかすように眉尻まで流す。


MAQUIA9月号

撮影/青柳理都子(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/レイナ スタイリスト/門馬ちひろ モデル/高山 都 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA9月号☆好評発売中】



関連記事

提供元:    MAQUIA ONLINE

ビューティ関連の記事