ストレスを感じている時に食べてはいけない7つの食品

仕事、家族、恋愛。日々の生活の中にはストレスを引き起こす要因がいっぱい。けれど、食べ物次第で、ストレスにも少し上手に対処できるようになる。

何も考えずにスナックばかり食べるのはよくないのはもちろんだが、ストレスが頂点に達すると、実はたいていの場合、食べることを忘れがちになる。不安を感じた時は栄養があってヘルシーなものだけを食べるのが理想だけれど、そうはいかない。もし、ウサギの穴に落ち込んでいくようなストレスを感じ、血糖値が低い時は、何かつまむことを忘れずに。ただし、以下の7つの食品は避けて。


1. プレッツェル

複合糖質は、たいへんな1日を乗り切るためにエネルギーを補給してくれるが、プレッツェルに含まれる糖質は複合ではない。エネルギー値はその時は高まるけれど、すぐにまた落ちてしまう。

代わりに、にんじんを食べよう。ひと口サイズにカットすれば、プレッツェルの袋に手を伸ばすのと同じリズムで、次から次へと食べられるし、繊維質とポタジウムの宝庫だ。


2. お菓子

考えるまでもないが、念のため。ストレスがたまった時は、お菓子をスキップすること。「シュガー・ラッシュ」(糖分による興奮状態)という言葉の意味が、ストレスを感じている時こそ、よくわかる。チョコレートバーをかじれば、グルコース(ブドウ糖)は急上昇するが、あまり長続きしない。

代わりに、イチゴを食べて、同じような糖分補給効果を得よう。それに、ヘタのまわりの部分を食べる時はゆっくり、気をつけて食べることになるので、ストレスに対処するのに役立つ。


3. コーヒーベースのドリンク

コーヒーはエネルギーを高めてくれるが、そのエネルギーが、ストレスがたまっている時はちょっとやっかいだ。コーヒーは、その時は気分をアップしてくれるが、イライラした気分にもさせてしまう。フラペチーノやフレーバーラテなど糖分たっぷりのコーヒーはさらに危険。加えられた糖分にいい効果は何もなく、カフェインによってオーバードライブ状態になってしまう。

代わりに、お茶を淹れよう。紅茶かルイボスティーがいいが、カモミールには特にリラックス効果がある。


4. “エナジー”もの

エナジー・ドリンクやエナジー・バーを食べる時は、要注意。たいがいは糖分と炭水化物まみれだから。

もし、エネルギーを補給したかったら、代わりにナッツをひと掴み。アーモンドを4分の1カップほどで、ちゃんとした食事までもつはず。


5. ワイン

暴言にすら聞こえるが、ストレスや不安を感じている時に、ワインは良くない。アルコールは抑制剤であり、コルチゾール(ストレスに関係しているホルモン)のレベルを上げることはよく知られている。

飲む代わりに、おいしい料理を作ろう(もしくはオーダーしよう)。季節の食材を使った、気分があがるような自分の好きな料理を選んで。


6. 揚げ物

たいていの場合、ストレスは体が正常に機能していないと言っている状態。栄養的に見ても正常ではない。揚げ物は栄養的価値が乏しいことに加え、ストレスがたまっている時に、揚げ物をする時間なんて待てる? 揚げ物には脂肪分と塩分がたっぷり。その上、時間がかかるストレスも感じるのだ。

フライドポテトのカリっとした食感が欲しいなら、サツマイモ(繊維質とβカロチンたっぷり)にオリーブオイルをかけて、塩を振り、オーブンで焼こう。でき上がりを待っている間に、深呼吸のレッスンを。すぐに落ち着くはず。


7. マフィン

出勤前に飛び起きると、次にすることは、何か歩きながらでも食べられるマフィンのようなものをつまむこと。タンパク質が欠如していて、炭水化物ばかりで糖分の宝庫だ。グルコースを急激に手軽に上げてくれるが、1時間もたたないうちに、すぐにお腹がすいて機嫌が悪くなり、ストレスを感じてしまうはず。

オススメは、お皿いっぱいの卵料理。ビタミンDが豊富で、ゆっくりと消化されるタンパク質たっぷりだから、満腹感が持続し、午前中半ばくらいにスナックを食べるまでは集中力が保てる。朝、調理している時間がない? ゆで卵を作っておけば、ストレスも軽減。

関連記事

提供元:    Harper's BAZAAR

ビューティ関連の記事