不自然なんて言わせない!“カッキーンまつげ”を防ぐビューラー選びのポイント3つ

目ヂカラをアップさせてオンナ度をアップさせたい時は、アイメイクにこだわりたいところ。特にまつげは長さやボリューム、カール力を出せるものを選んで仕上げるのがおすすめです。とはいえ気合いが入るあまり、まつげがカッキーンと直角になってしまうことがあるので要注意!そこで、今回はまつげが直角にならないようにするためのビューラー選びのポイントをご紹介したいと思います。

1.まぶたのカーブに合ったビューラーを使う

まつげをカールさせるビューラーですが、その商品によって仕様が異なります。だからこそ商品選びは慎重に行う必要があります。

最も注意して欲しいのが、自分のまぶたのカーブに合ったビューラーを選んで使うこと。そうすれば根元からしっかりとまつげを上げることができて、カッキーンまつげになるのを防ぐことができるでしょう。

2.目の幅に合ったビューラーを使う

ビューラーには様々な形状のものがあり、中には目尻用など部分使いできるものもあります。しかし、ナチュラルな仕上がりを求めるなら、一般的なまぶたをスッポリと覆うようなビューラーを使うのがおすすめです。

また、ビューラーの幅も選ぶ上で重要なポイントとなります。できるだけビューラーの幅は、目の幅に近いものを選びましょう。

3.テスターで仕上がりをチェックして選ぶ

このほか、仕上がりをチェックしてから購入するのがベスト。恥ずかしがらずにじっくりと使用して良し悪しを判断しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。メイクの仕上がりを左右するのは、何もコスメだけではありません。ツール選びもまた重要なのです。そのためビューラー選びにもこのようなこだわりを持って選んでください。

執筆者

遠藤 幸子 アンチエイジングアドバイザー、エイジング美容研究家

公式サイト『アンチエイジング ジャーナル』

関連記事

提供元:    美LAB.

ビューティ関連の記事