ニベアで美肌を手に入れちゃおう♡ニベアパックの正しいやり方を解説

赤ちゃんから大人まで使えるニベアは100年以上も愛されてきたロングヒット商品です。最近では、お手頃価格なのに様々な使い方が出来る万能アイテムだと注目されています。そこで今回はもちもちお肌を手に入れるニベアパックのやり方やどんな効果が期待できるのかなどを中心にご紹介していきますのでぜひ試してみてくださいね!

ニベアパックって?

青缶を使用する

ニベアパックとは、その名の通りニベアを使ってパックをする方法のことを言います。
市販されているようなパックを顔に被せるタイプのものではなくニベアの青缶を顔全体に均等に塗り、スキンケアを行うということです。

 


肌の味方

ニベアは肌に潤いを与え乾燥を防ぎ、その保湿力の高さから肌を守る保護膜のような役割もあります。
皮脂が増えることで出来る大人ニキビや、乾燥が原因のニキビにはニベアのクリーム(青缶)が最適です!

 


化粧直しも少なくなる

ニベアパックをすることで角質を除去しやすくする効果も期待できるため、黒ずみを少なくする方法としてはオススメです。
これにより肌の余計な皮脂が出ることも少なくなるためテカリを防止したり化粧崩れが少なくなるそうですよ。

 


入浴中に

軽く洗顔をした濡れた状態の肌に顔全体が白くなるくらいニベア(青缶)を均等に塗ってください。
その状態のまま、湯船に浸かることによって毛穴が開き肌に浸透するので効果が出やすいとされています。
10~15分後に洗い流しますが、ベタつきが気になる場合は洗顔してもOKです!

 


蒸しタオルを使用する

鼻のプツプツや黒ずみが気になる方はパックをする前に蒸しタオルを顔に乗せて毛穴を開くことがオススメです。
このひと手間をしてから入浴するときと同じようにニベアを顔全体に塗り、時間を置いてから洗い流します。
蒸しタオルは気になるところに乗せてくださいね。

 


ラップを使用する

シワや乾燥が気になる部分にはラップをのせ、密着度を高めるのも良いですね。
顔だけではなく全身にも使える方法で、保湿力が高まり浸透する効果も増すと言われています。

 


皮脂の量に気を付けて!

ニキビが出来やすい肌や出来ている部分には油分が多すぎる可能性があるので注意が必要です。
ニキビ肌がこのパックをする際は、ニベアに少量のクレイを入れると良いですよ。
クレイとはモロッコ粘土「ガスール」などのことです。
また、オイリー肌の方もなるべくTゾーンは避け頬や体に使うことをオススメします。

 


全身に使える優秀なアイテム

ニベアパックとは何かお分かりいただけましたか?
ニベアは顔だけではなく全身に使える万能なクリームなんです!
今回のニベアパックは、皮脂の多い方には化粧水やクレイを混ぜて使用していただき乾燥が気になる場合は毛穴を開いて使用するなど様々な方法があります。
自分の肌の状態によって使い分け、モチモチな肌を手にいれましょう♡

 

関連記事

提供元:    HAIR

ビューティ関連の記事