キレイが持続!マツエクを長持ちさせる裏技

目力アップに欠かせないマツエク。でも、せっかくマツエクをつけたのに、すぐに取れちゃう…とお悩みの方も多いのではないでしょうか?実はマツエクには長持ちさせる裏技があります。それは毎日のちょっとした扱い方です。詳しく見ていきましょう! 

マツエク取り扱いの基本!とにかくこすらないこと


マツエクが取れてしまう大きな原因は、目をこすってしまうことです。スキンケアの時はもちろん、日頃からもできるだけこすらないように気をつけましょう。洗顔後のタオルはそっとあてるようにすると、摩擦を避けられます。また、目元が乾燥しているとかゆみが出やすいので、保湿も心がけましょう。

マツエク落ちの原因!クレンジングやマスカラに注意


オイルクレンジングはマツエクの接着剤に影響を与えてしまうので、剥がれる原因になってしまいます。ジェルや泡状の、オイルを含まないクレンジングを使いましょう。そして、ここでもこすらないように、やさしくメイクオフするようにします。マスカラを塗る場合は、お湯で落とすことができるフィルムタイプを使うのがおすすめです。また、塗るのも根元を避けると、マツエクにかかる負担が少なくなります。

 

忘れてはダメ!定期的なケアも長持ちの秘訣


意外と見落としがちですが、マツエクはつけっぱなしではなくて日頃からのケアも欠かせません。毎日のスキンケアの時には、そっとブラッシングをして、まつげが絡まないようにキープしてください。そして、マツエクは定期的にサロンで全部取ることも大切です。自まつげが傷んでいては、マツエクをつけてもすぐに取れてしまいます。お店の方のアドバイスを参考に、まつげの状態に応じてマツエクをつけるようにしましょう。

マツエクはまつげが生え変わると同時に取れてしまうものですので、つけて3週間目くらいからだんだん減ってしまうのは仕方のないことです。しかし、毎日のちょっとした扱いに注意することで、マツエクの持ちには差が出ます!まつげをいたわることを意識して、マツエクを楽しんでくださいね。

関連記事

提供元:    SIGN

ビューティ関連の記事