今更聞けない?ジェルネイルをした時に気をつけたい3つのこと

ジェルネイルをした時は普段より気をつけるべきことがあります。もちを良くするためにもジェルネイルの扱いには注意して生活しましょう。これを実践すればジェルネイルのキレイを保ちながら楽しむことができます。今更聞けないジェルネイルの注意点はこちらから。

長時間の水の連続使用に注意しましょう

viaitnail.jp
可愛くてネイルアートもいろいろ楽しめ、もちが良いのでジェルネイルの人気は止まりません。ただ、ジェルネイルをした際の注意点はあります。長く楽しむために注意する3つのことをご紹介しましょう。

ジェルネイルは自爪に密着させる樹脂です。もとの成分が異なります。自爪は水分を含むと柔らかくしなります。長時間水を使えばその分お爪がしなって、そこに密着しているジェルネイルが自爪からはがれやすくなってしまうのです。
家事などで長時間水を使用する場合には、手袋をするなどの対策をとることで防ぐことが可能になります。

お爪の長さをカットする際に注意しましょう

viaitnail.jp
ジェルネイルは3~4週間ほどもつため、2週間ほどすると、お爪の長さが気になるものです。いつものように長さを爪切りでパチパチ切ってしまうと、刺激によりジェルが浮いてしまったり、はがれやすくなってしまいますのであまりオススメはしません。

ジェルをしている時に長さを短くしたい場合には、ネイルファイルを使うようにしましょう。ネイルファイルはお爪に対して45度に当ててあげることで浮きを防止できます。
ジェルのもちを良くするには丁寧に扱いましょう。

指先を乾燥させないように注意しましょう。

viaitnail.jp
ジェルネイルは乾燥にも弱く、保湿してあげることが大切です。乾燥すると、ジェルが浮きやすくなります。
手を洗った後、家事をした後、紙を触った後、お風呂後などは特に乾燥しやすいです。

乾燥を防ぐには、定期的にキューティクルオイルやハンドクリームなどを擦り込むことで保湿してあげましょう。また、お休みになる際には保湿力の高い濃厚なクリームを塗ってあげることも必要です。植物油配合やオーガニック成分のものを選べば浸透力も高まり、効果も上がるのでオススメですよ。

このようにジェルネイルで指先をキレイにした際には、生活する上で何点か注意することがありますが、キレイを保つためには習慣化することが重要です。ジェルネイルを長く楽しむためにぜひ実践してみてくださいね。

Itnail編集部

関連記事

提供元:    Itnail

ビューティ関連の記事