ネイルチップの付け方&外し方

卒業式や入学式等には、普段ネイルをしない人でも、ネイルに興味がわいてくるものです。ポリッシュは上手く塗れないし、ジェルはネイルサロンに行かないとできない、なんてハードルが高いと思っている人は、ネイルチップに挑戦してみてはいかがでしょうか?ネイルチップの良いところ悪いところ、付け方等をご紹介します。

知りたいけど聞けない、ネイルチップのこんなこと

viaitnail.jp
ネイルチップとはプラスチックでできた人工爪のことです。身近な所では、100均のネイルコーナーに売っています。
基本的にサイズは10種類あり、0~9までの数字で表されています。
ネイルチップは自分でも作ることはできますが、実はネイルサロンでも作ってもらうことができます。ただネイルサロンで作ってもらうとなると、ネイルチップのサイズ確認で1回、受け取りで1回、合計2回来店する必要があります。

●メリット
取り外しが簡単にできるので、好きな時に付けたり外したりすることができます。
爪に負担をかけることが少ないので、乾燥やグリーンネイル等、爪のトラブルが少なくすみます。
毎日違うデザインや色の物を付けることができます。

●デメリット
うまく付けることができないと簡単に外れてしまうので、紛失の原因になってしまいます。

ネイルチップはこうやって付けよう

viaitnail.jp
ネイルチップの付け方は2種類あります。
1種類は、専用の両面テープを使って付ける方法です。簡単に付け外しでき、ネイルチップは何度でも使うことができます。ただ、服に引っかかったり、強い衝撃を与えてしまうと取れてしまいます。
もう1種類は専用のグルー(接着剤)を使って付ける方法です。グルー(接着剤)を使う為丈夫で、取れてしまうことはありません。ただ、外す時にネイルチップを溶かしながら取るので、ネイルチップはもう使うことができなくなってしまいます。

ここでは誰でも簡単にできる、両面テープを使った付け方をお教えします。

▼付け方
①: ネイルチップに合った両面テープを裏側に貼り付けます。はみ出た部分は切り取ってください。
②: ネイルチップを貼る前に、爪の油分を取る為、除光液で1度爪を拭きます。
③: 爪の根元からネイルチップをゆっくり付けていきます。
④: しっかり全体を押して、爪と密着しているのを確認できれば完成です。

ネイルチップはこうやって外そう

viaitnail.jp
ここでは、繰り返し使えるように、両面テープを使って付けた時の外し方をお教えします。

▼外し方
①: ネイルチップを付けたまま、ぬるま湯に浸し、テープをふやかします。
②: ふやかすと粘着力が弱まるので、爪の根元にウッドスティックや爪楊枝を差し込み、ゆっくりと外します。
③: チップに付いているテープは、ウッドスティックの先にコットンを巻きつけ、湿らせてから優しくこすって取ってください。
④: キューティクルオイルで保湿をしたらお終いです。

※しっかりふやかさずに無理に取ろうとすると、爪に負担がかかります。ネイルチップも割れてしまうことがあるので注意が必要です。

Itnail編集部

関連記事

提供元:    Itnail

ビューティ関連の記事