乾燥に負けるな!今やるべきネイルケア&ハンドケア

季節を問わず「乾燥対策としてハンドクリームはかかせない」という人は少なくないはず。夏は1日1回の塗布で済んでも、冬は1回では済まず、場合によっては「2時間に1回は塗布する」なんてこともあるのではないでしょうか?そもそも、なぜ冬は乾燥が酷くなるのでしょうか?その理由と対策をお教えします。

なぜ冬は肌が乾燥しやすいのか?

viaitnail.jp
冬は湿度が低いから、皮膚も乾燥しやすいと思っていませんか?それは間違いではありませんが、冬の乾燥はそれだけが原因ではありません。気温も原因の一つなんです。

気温が下がると、血液の流れが悪くなります。血液の流れが悪くなると、体の隅々にまで血液が行き渡りません。すると、健康な皮膚を作る為に必要な栄養が足りなくなり、自然と皮膚の代謝が低下します。皮膚の代謝が低下すると油脂や汗の分泌も低下してしまい、結果、乾燥してしまうのです。

ウォーターケアで綺麗な指先になるには

viaitnail.jp
本格的なウォーターケアは毎日やる必要はありません。月に1~2回やれば十分です。爪に負担がかかるので、やり過ぎは禁物です。

▼やり方
①: フィンガーボウルに指先を入れて温め、爪周りの甘皮をふやかします。
②: プッシャー又はコットンを巻き付けたウッドスティックで甘皮を優しく押し上げます。
③: ②で浮いた甘皮を、水で湿らせたガーゼを指に巻きつけ、常に皮膚を湿らせた状態で、キューティクルニッパー又は甘皮切りを使い除去します。
④: ③で使ったガーゼで優しく残った甘皮を押し上げたり、カスを取り除いたりしながら、甘皮の形を整えます。
⑤: 最後にキューティクルオイルを爪の根元に付け、くるくると優しく押し広げたら出来上がりです。

※キューティクルリムーバーがあれば、①の時に、先に塗ってから指を入れるとより効果的です。

ハンドケアで触りたくなる手になるには

viaitnail.jp
ハンドケアに必須アイテムのハンドクリームですが、ちょっとしたことを一緒にすると、より効果が得られるんです。それはハンドクリームを塗る前に、化粧水+精製水を手にも塗ることです。

化粧水+精製水とは、化粧水を1、精製水を1の割合で混ぜた物です。小さいスプレータイプのボトルで作るのがおすすめで、化粧水は安い物でも十分効果が得られます。
それを手に吹き付け、肌にしっかり浸透させてからハンドクリームを塗ると、ハンドクリームの油分がフタの代わりをしてくれ、浸透させた水分が逃げないので、しっとりした手になります。

寝る前には、ティッシュと化粧水+精製水を使ってパックをするとより綺麗になります。その時は、ビニール袋の中にパックした手を入れ、輪ゴムで密閉しておくと、より効果的です。

Itnail編集部

関連記事

提供元:    Itnail

ビューティ関連の記事