【プロ直伝】今日からできる!メイクがグンと上達するポイント3つ

メイクをする上で大切なのはバランス。形としてのバランスはもちろん、色や質感といったものすべてのバランスを整えることでキレイに仕上がります。今日は、メイクを上達させるために覚えておきたい3つのコツをご紹介します。これでメイクがグンと上達すること間違いなし! ポイントは、「大きい鏡を使う」「先端こそ丁寧にメイクする」「息を止めずにメイクする」の3つですよ。


◼︎正しい鏡の見方でメイクの仕上がりが変わる!?

メイクを上達させる最大のポイントは「鏡」です。手に持つタイプの小さな鏡でメイクをしている人は、パーツしか映らず全体のバランスを取りにくいので要注意!

顔全体が映る大きめの鏡にすることで、全体のバランスを見ることができ一気に上達します。特に眉を描くときは小さい鏡はNG! 大きい鏡でバランスを見ながら描かないと、眉だけ濃くなったり、左右の高さがバラバラに……なんてことになりかねません。

さらに卓上鏡などを使うと両手が空くので、メイクのときに手を使って瞼を引き上げたりとメイクしやすくなります。

1つのパーツのメイクを仕上げたら、左右に顔を振りどう見えるかチェックするとさらに綺麗に仕上がります。


◼︎眉尻・指先・睫毛の先などメイクの先端にはこそ「丁寧さ」を大切に!

先端が綺麗だとメイクが締まった印象になり、上品さ・清潔感・きちんと感が生まれます。例えば、メイクには眉尻やリップライン、アイランの目尻など、線で表現する部分が多くありますが、そのラインや先端が歪んでいたり、太く雑な仕上がりではメイク全体も野暮ったく綺麗にまとまりません。

つまり、先端にはその人の性格が表れるんです。丁寧にすることでミスがなくなり、やり直しす手間などが省けるため、結果的に時短にもつながります。


◼︎メイク中は息を止めない!血色が良く綺麗なメイクの仕上がりに!

アイラインやマスカラなど、細かい部分をメイクしているとつい息を止めてしまいがちですが、逆に力が入ってしまい濃くつきすぎてしまったり、瞼にマスカラが付いてしまったりと思わぬミスに繋がってしまいます。また、息を止めることでその間の酸素が不足してしまい、血行が悪くなることで血色が悪く硬い表情に仕上がってしまいます。

息を吐きながら力を抜いて優しく施すことで、別人のように柔らかい表情のメイクに仕上がります。

余裕があるときは、綺麗になっていく過程を楽しみながらメイクをしてみると、さらに素敵な仕上がりになります。

(中花絵里香)

関連記事

提供元:    LBR

ビューティ関連の記事