UVベースは肌状況で変える!美肌印象な人の秘密

通勤前の紫外線対策。毎日同じものを使い続けていませんか? 自分にとってこれがベスト!というものを使っていたとしても、肌のコンディションは日々変化しています。それに合わせてファンデーションを使い分けるのは難しくても、美肌印象を左右する下地、それもこれからの季節はUV効果が高いベースを使い分けると、肌ダメージを回避できて、崩れなくなるもの! 今季充実していなかから、使える3品をご紹介します。

週末、ちょっと日焼けしてしまったときはほんのりベージュ系を

化粧水のあとのお手入れ&ベースメイクステップをこなすCCクリーム。
まずは気になる毛穴とシミをカバーしながら、 UVもしっかりブロック。さらに日中も美白ケアして、潤いを届けしっとり美肌をキープし、美肌演出も万全。週末、ちょっと日焼けしたときもほんのりベージュが微調整。とにかく持っていると便利で頼れる1本です。米肌 澄肌ホワイトCCクリーム SPF50 +・PA++++ 全2色 30ml 各¥3,500/コーセープロビジョン

週の半ば、血色をよく見せたいときにはソフトピンクのベースを

肌に疲労が見え始める週の半ば。そんなときは血色とツヤ感を演出するほんのりピンクの下地がおススメ。水分をこれ以上抱え込めない・・・というほど配合したジェル状の下地は、肌上に水のベールをまとわせたようにフィット。くすんで見えていた肌がみずみずしく、キラッと光って溌溂(はつらつ)印象を約束してくれるはず。ウォ ーターフィールUVジェル グロウ SPF50+・PA++++ 75g ¥2, 800/アユーラ(限定発売)

週末直前、疲れて毛穴の影が目立ち始めたら透明感を加えるベースを

毛穴を自然にカバーしながら、 透明感をプラスする、おしろい効果を搭載した乳液。するすると滑らかにのびるテクスチャーで、なじんだ後はベタつき知らず。すっぴんの毛穴と肌のキメを整え、ファンデーションのノリもアップします。おしろい効果で日中のテカリ、毛穴の目立ちもブロック。エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク SPF50+・PA++++ 35g ¥1, 800(編集部調べ)/資生堂


肌状態はもちろん、その日の気分、予定に合わせて下地を使い分ければ、美肌印象は自由自在。肌の調子がいい♪と気分が上がれば、仕事だってきっとうまくいくはずです。

※プライスはすべて税抜です。

関連記事

提供元:    GINGERweb

ビューティ関連の記事