iPhone X、ホームボタンが消え去る。新たに導入されたFace IDってどんなもの?

画像元:Apple先日発表された、iPhoneの最上位モデルとなるiPhone X(テン)。

画像元:Appleその最大の特徴とも言えるのが、これまでのiPhoneにおいてデザイン的にも機能的にも重要な役割を果たしてきたホームボタンの撤廃です。物理的なホームボタンがなくなったことで、ほぼベゼルレスの全面ディスプレイが可能になりました。そして、ホームボタンがなくなった以上は指紋認証のTouch IDも使えなくなります。替わりに導入されたのが、顔認証の「Face ID」という技術なんです!ひと目見るだけでiPhoneのロック解除ができるFace ID

画像元:AppleTouch IDではホームボタンのセンサーを利用していましたが、iPhone XのFace IDで利用するのはフロントカメラ。画面上部の切り欠き部分にあるカメラですね。

画像元:AppleiPhone XのフロントカメラはTrueDepthカメラと呼ばれるもので、対象物を立体的に捉えることができるそうです。

画像元:Appleこのカメラを使って、対象の顔をじつに3万個以上のドットでマッピング。その数理モデルを鍵として顔認証を行うそうです。

画像元:AppleiPhoneの前面をひと目見るだけで、一瞬でロック解除できるというのは、話を聞くだけではかなり便利そうですね♪暗闇での認証や顔の変化などにも対応するとのことだが……

画像元:Appleちなみに、目を開けて直接見ないとダメなので、寝ている間に顔にかざしても認証はできません(^_^ゞそして、セキュリティも気になりますが、それ以上に気になるのが認識精度の問題。Face IDではiPhoneに搭載されたセンサー類を総動員することで、暗闇でも問題なく認識できるとのこと。

画像元:Appleまた、顔や髪型の変化にも対応するので、お化粧をしたり髪型を変えたくらいでは影響がありません。とは言え、マスクや濃いめのサングラスをしていたらどうなるのかなど、実際にいろいろなシーンで使った場合の精度はまだまだ未知数。たとえば日本の場合、花粉やインフルエンザの季節にはかなりの人がマスクをして過ごすわけで、こうした状況で顔認証ができなくなると不満どころの話ではないですからね。何はともあれ、実際に世に出てからどのような評価を受けることになるのか、楽しみに待つことにしましょう!

関連記事

提供元:    isuta

アプリ関連の記事