美しい景色に癒されて、スキルアップもできる! フィリピン セブ島の短期留学のススメ

フィリピンは107ほどの島々からなる国です。主な公用語はフィリピン語ですが、全エリアで英語が通じます。英語を話せる人口の多さは、アメリカ、イギリスについで世界第3位。
日本との時差は1時間程度です。なかでもセブ島はアクセスも便利な人気の観光地として有名!
今回は、大人女子におすすめのセブ島 英語短期留学について紹介します。

セブ島への英語短期留学とは?

最近、英語短期留学先としてセブ島を候補に入れる人が増えています。

人気の理由のひとつは、費用の安さ! フィリピンは、アメリカやイギリスなど他の人気留学先の国に比べて、物価が安いので、かなりお手ごろに語学留学できるのです。

また日本との距離も近いので、短期(1週間~)での留学が可能です。

 

学校によってカリキュラムはさまざま。マンツーマンレッスンからグループレッスンまで選ぶことが出来ます。

留学生の中には、ママと一緒にお子さまの姿も! ご自分の留学にお子さんも連れてくる方も多く、子ども向けのカリキュラムもあるんだとか。

他にも、食事付きのプランがあったり、学校によって施設のスペックが違うので自分に合った学校を選びましょう。

休みの日は、近くのホテルをデイユース!

土日の休みは勉強するのもよし、少し足を伸ばしてセブ島の観光地をまわるのもよし! おすすめプランは、近くのホテルでバイキング付きのデイユースを楽しむこと。デイユースとは日中、ホテルのあるプールやプライベートビーチを楽しむことが出来るサービスのこと。宿泊はしないので、比較的安くホテルで優雅に過ごせます。

 

プールでのんびりしたり、海で夕日を眺めたりできるのも、セブ島留学の魅力のひとつ。

自然の中でおもいっきりリフレッシュできるから、勉強にもしっかり集中できるはず。何ごともメリハリが大切です。

ローカルフードを楽しもう!

フィリピンのローカルフードを楽しむなら、屋台めぐりがおすすめです。味はもちろん、見た目も香りも、その土地ならではの料理を楽しめるのも、旅の醍醐味ですよね。

 

でも「屋台の衛生面が少し心配…」という方も少なくないはず。心配ご無用! フィリピンのローカルフードはレストランでも十分楽しめるのです。

 

ひとつめのおすすめはマンゴー。南国のフィリピンではマンゴーが格安! 種類も多く毎日のように味わえます。なかでもおすすめは、グリーンマンゴーのスムージー。酸味のあるさっぱりした味が特徴で、思わずはまってしまう美味しさです。

 

 

ふたつめのおすすめは、フィリピン人がお祝いごとによく食べるレチョン。レチョンは豚の丸焼きのこと。味が濃くジューシーなのが特徴です。私はクリスマスパーティーでも頂きましたが、結婚式など祝いごとでよく食べられる一品です。

味が濃いので、キンキンに冷えたビール(おすすめはサンミゲル)を飲みながら食べるのが週末の楽しみです

 

 

日中は暑いので冷たいデザート、ハロハロもおすすめ! とうもろこしが入っていて、日本のスイーツではなかなか味わえない食感と味わいが楽しめます。ご当地スイーツもぜひご賞味あれ!

 

観光も楽しみながら、語学のスキルアップもできるセブ島での暮らしで、自分をもっとパワーアップさせてみませんか?

関連記事

提供元:    Spark GINGER

ライフスタイル関連の記事