HARE 2017-18年秋冬コレクション - 洋服に和服の晴れやかさを、日常に煌めく日本の色彩


HARE(ハレ)の2017-18年秋冬コレクションが、2017年3月20日(月)、東京・品川にあるWAREHOUSE Konanで発表。ブランドとして初めてのランウェイショーとなる今回、ブランド名でもある“ハレ”をテーマに、晴れ着を日常着に落とし込んだワードローブを展開した。

普段我々が慣れ親しんでいる洋服に、和のテイストを盛り込むことでテーマを反映。「帯」を重要なパーツとして選択し、絞る・結ぶことにより強弱のあるシルエットを生み出した。従来の使い方の通り腰に巻き、ベルトのように使用するだけでなく、袖に巻きつけフリンジのような見た目に仕上げるなど、そのアレンジの仕方が際立った。

そのメリハリがより感じられるのは、和服が持つ独特の空気感・ボリューム感を再現したからだろう。袖の幅はゆったりとしており、肩は少し落ち気味。空気をはらんでいるからこそ、シェイプした時に浮かび上がる独特のフォルムがより美しい。

ブランドらしいブラックのパレットに載せられたのは、日本で高貴とされている紫や臙脂、赤といったカラー。さらにプリントや刺繍では、“晴れ”の文字を5種類の書体で書いた筆文字を表し、ワードローブに奥行きをもたらしている。

なお、これらの“カリグラフィー”アイテムは、すでに公式オンラインストアと原宿の旗艦店で販売。「See now, Buy now」を取り入れる姿勢も、ファッションに対する姿勢を表している。

関連記事

提供元:    ファッションプレス

ファッション関連の記事