ミュージアム バイ エイチフラクタル 2017年秋冬コレクション、ストリートに影響を受ける3ブランド


ミューズ(MUZE)、 パラドックス(PARADOX)、ザ テスト(THE TEST)の3ブランド合同による「ミュージアム バイ エイチフラクタル(MUSEUM by H>FRACTAL)」の2017年秋冬コレクションが発表された。

ストリートカルチャーや音楽に強く影響を受ける3つのブランド。会場には、ギターの音色が鳴り響き、ブルーのライトがランウェイを照らし出す。それぞれのブランドが共有するアンダーグランドな世界観が表現された空間が、これから始まるショーへの期待を高める。

「ミューズ」のコレクションでショーがスタート。”Invalid(インヴァリッド)”、つまり”正当ではないもの”をテーマに掲げた今シーズンは、そのテーマ通り、レザーのパンツや、チェーンのアクセサリーをベースに展開され、反骨的な精神を感じさせる。また、ブラックやブラウンのカラーが多用される中、差し色として使用されたレッドも、鋭くハードな印象を強調した。

さらに、作業服を思わせる無骨なディテールも目を引いた。ユーディロイのセットアップは、金具のバックルがついたベルトや複数のポケットを配し、ワークスーツのような1枚に。また、たっぷりとボリュームのあるパープルのコートは、レザーと金具のベルトで、ウェストラインを絞った。

次に登場したのは、「ザ テスト」だ。アートに影響を受けるブランドなだけに、グラフィックアートをデザインに取り入れたアイテムが多数展開された。ブルーや、パープルが織りなす抽象的なグラフィックや、蛍光色のカラーパレットが、コレクションの近未来的なムードを盛り上げる。

シルエットを大胆に解体し、再構築したアイテムも。MA-1は襟元をVの字にカットし、まるでベストのように。袖はたっぷりと引き延ばし、肩を落としたビッグシルエットに仕上げた。シャツも複数の生地を継ぎ合わせたようなデザインで、ワンピースのように長くルーズに着こなした。

最後を飾る「パラドックス」のテーマは、”リメイク”。アメカジのヴィンテージアイテムのように、ルーズでカジュアルなスタイルを提案した。袖がダラリと伸びたパーカーには、ワイドなパンツとスニーカーをコーディネート。ゆったりとしたシルエットと、スポーティでタフなアイテムが、ヒップホップカルチャーを彷彿とさせる。

また、レオパードやチェックといった複数の柄や、パープルやレッドといった主張の強いカラーが大胆に組みあわされ、よりヴィンテージらしいクセのあるスタイルに。パープルのフリースジャケットには、レオパード柄のシャツと、パッチワークを施したデニムスカートをミックス。一方で、足元は靴下からスニーカーまでブラックでまとめ、スタイル全体に統一感を持たせた。

関連記事

提供元:    ファッションプレス

ファッション関連の記事