『パーソン・オブ・インタレスト』ジム・カヴィーゼル、海軍特殊部隊の新作ドラマに主演

ヒットメーカーのJ・J・エイブラムス製作総指揮の犯罪予知アクションサスペンス『パーソン・オブ・インタレスト(以下『P.O.I.』』で主役のジョン・リースを演じていたジム・カヴィーゼルが、新たなドラマに主演することが明らかになった。

米Varietyによると、このドラマは『P.O.I.』と同じ米CBS局によるもので、ジムは、何度も危険地帯に派遣されている特殊襲撃部隊メンバーを率いる、真面目でメンバーから尊敬されているリーダー、ジェイソンを演じるという。ジムの他に、A.J.バックリー(『ラッシュアワー』『CSI:ニューヨーク』)が、自滅的でとんがっているが忠誠心に溢れるサニーを、マックス・シエリオット(『X-ミッション』『ベイツ・モーテル』シリーズ)が自信家で威張り散らしているが、実は非常に不安定なミレニアルズ世代の若い能力のあるシールズ隊員にキャスティングされている。またジェイソンの長年にわたる部隊の友人であり信頼のおける同僚にニール・ブラウン(『CSI:サイバー』『NCIS:LA〜極秘潜入捜査班〜』)が、そして部隊に必要な装備を揃えるロジスティックオフィサーのディアスに、トニ・トラックス(『リーサル・ウェポン』『GRIMM/グリム』)が決定している。

クリエイターで脚本家のベンジャミン・カヴェル(『HOMELAND』『JUSTIFIED/俺の正義』『Sneaky Pete』)によると、日々訓練を積み、ち密な計画を立て、国家のために非常に危険な任務を遂行するエリート特殊襲撃部隊の人生を描いたパイロット版になるという。クリストファー・チュラック(『サウスランド』『ER緊急救命室』)がメガホンを取り、サラ・ティンバーマン(『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』)とカール・ベヴァリー(『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』『JUSTIFIED/俺の正義』)らとともに、制作総指揮にも名を連ねる。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジム・カヴィーゼル
(C)Fuminori Kaneko/www.HollywoodNewsWire.net

関連記事

提供元:    海外ドラマナビ

エンタメ関連の記事