『トッド・ソロンズの子犬物語』に著名人が絶賛コメント ヒャダイン「結末に唾を飲みました」


 1月14日に公開される映画『トッド・ソロンズの子犬物語』に、ヒャダインや犬山紙子ら著名人が絶賛コメントを寄せた。

 『ハピネス』『ストーリーテリング』のトッド・ソロンズ監督最新作となる本作は、人生のバカバカしさと人間の愚かさをブラックユーモアたっぷりに描いたコメディ。アメリカをさまよう1匹のダックスフントと、その飼い主となる冴えない人々の姿を映し出す。ダックスフントが出会う人々として、ジュリー・デルピー、ダニー・デヴィート、エレン・バースティン、グレタ・ガーウィグらが出演する。

 コメントを寄せたのは、音楽クリエイターのヒャダインやイラストエッセイストの犬山紙子など、文化人、映画ライター、作家などの著名人。公開に先駆けて作品を鑑賞した感想を思い思いに綴っている。

【著名人コメント一覧】

■ヒャダイン(音楽クリエイター)
牧歌的な邦題に油断してた! 独特な間合いで紡がれる切ない命たちのタペストリー、それを傍観し続ける犬の旅に自分を投影するのですが・・・。
それゆえに結末に唾を飲みました。

■犬山紙子(イラストエッセイスト)
子犬物語というタイトルに騙されちゃダメ!!!!!!!!!
楽しめた自分に自己嫌悪です!!!!

■魔夜峰央(漫画家)
いやーブラックですね。でも人間と人生を改めて深く考えてみたい方にはおすすめかも。
オチがまた、なんとゆーか・・・。

■サエキけんぞう(作詞家・アーティスト)
ちょっとビターだけど、時にはハートウォームな瞬間もある、とてもおかしなワンコの物語。ニューウェイヴの手ざわりもあり、今のアメリカのリアルな姿を感じる作品!

■深町秋生(ミステリ作家)
孤独と屈辱で心がボッキボキにへし折れる音。トッド・ソロンズがまたあやしく奏でてくれた。
その音色は相変わらず黒々しく、耳を覆いたくなるノイズのようだが、つねに誠実で圧倒的に正しい。

■花くまゆうさく(漫画家・イラストレーター)
丁寧に描かれる、負のスケッチ集! そして、その先にあるものまで
見せてくれる見事なこの作品には、憧れや尊敬や嫉妬などたくさん抱きました。

■真魚八重子(映画著述業)
悪意8割、ホロリが2割。人間の愚かで危なっかしい部分は、我がことのように気まずい。でもそんな状態を、ちゃんと見つめていてくれるトッド・ソロンズって、本当はイイ人なんじゃないか?

■中原昌也(作家/ミュージシャン)
この映画の、ほんのわずかな優しさが、生きる希望を与えてくれる

■長谷川町蔵(文筆家)
どんな悲しくミジメな人間も、犬(ていうかトッド・ソロンズ)の視点を通すと、途端にファニーに見えてくる!それにしても『ウェルカム・ドールハウス』のドーンとブランドンに再会できるとは(涙)

■樋口泰人(映画批評家)
この映画を見たら誰もがアメリカは世界一寂しい国だと思うだろう。
だがそれは間違いである。寂しいのはこれを観るわたしたち。
だれもが果てしない孤独を抱えながら生きている。
スクリーンに映るのは、世界中のわたしたちなのだ。
だからその寂しさはどこか愛おしく微笑ましい。
その小さな微笑みとともに生きていけたら、寂しさは輝ける宝石に変わることだろう。

■森直人(映画評論家)
残酷で優しい哲学者、トッド・ソロンズはいつだって凄い。
しかも今回は“やっぱり以上”の傑作。
ギリギリアウトな毒や笑いが、隠れた子犬の尻尾みたいにチラチラ見える微妙な攻め方がたまらん!

■町山広美(映画ライター)
犬は飼い主を選べないし、人は人生を選べない。わずかな選択肢さえ悪いほうに流される。
嘘をつかないトッド・ソロンズの、たりらり地獄めぐり。最悪だけど最高だ!
選べないならせめて、煽られても走らなきゃいいじゃん。ダックスフントの不自由な遅さで、もそもそと。

(リアルサウンド編集部)

関連記事

提供元:    Real Sound映画部

エンタメ関連の記事