これで一生太らない!?「食べ方」5つのルール

何を食べるか。どう食べるか。食べたもので身体がつくられる以上、食事のスタイルが体型をつくりあげていると言っても過言ではありません。食べたら太る、は間違い。食べて、美しくなるために、食べ方を工夫していきましょう。今回は、食べても太らない、食べ方のルールをご紹介します。

ルール1:20時までに食事を終える

夜中の食事は、体脂肪として蓄積させる大きな要因です。しっかり食べてOK。ただし、夜までに全てを済ませる!これを徹底しましょう。

ルール2:朝食は「食べる」

朝食を抜くと、体内が活性化されないまま活動が始まってしまい、代謝がうまく高まりません。老廃物の排出をスムーズにするためにも、体脂肪を燃やすためのエネルギーをチャージするためにも、朝ごはんは抜かないようにしましょう。

ルール3:ランチは思いっきり食べてOK!

3食全てを我慢したり、食べても良いものを厳選したりしていると、ストレスが溜まってどか食いを招いてしまいます。1日の中で自由に、食べたいものを食べていい時間を作りましょう。

少しくらい高カロリーでも午後の活動で消費することができる昼食は、心の声に耳を傾けて、楽しく満足できる食事にしましょう。ただし、揚げ物は週に1回程度にすると良いでしょう。

ルール4:おやつは15 時ごろに1回だけ。それ以外は飲み物もNG

一つひとつのカロリーは少ないのですが、1日中食べ続けてしまうことで、おやつで摂取するカロリーが多くなり過ぎてしまうケースがあります。おやつは、時間を決めて、その時にしっかり満足すること。だらだら食べが一番危険です。

また、ちょこちょこ飲んでしまう飲み物にも注意。水やお茶なら良いのですが、清涼飲料水やジュースは、おやつの時間だけにしましょう。

ルール5:よく噛んで、様々な食材を食べる

食事で気をつけたいのは、彩り。野菜の色素には、代謝を高める成分が豊富に含まれています。色とりどりの食材を食べることで、豊富な栄養素をチャージすることが可能です。

また、よく噛んで食べることは、食べ過ぎ防止に。消化・吸収がスムーズになることで代謝も高まります。

食べて、燃やして、スリムボディに!

これらのルールを徹底し、しっかり身体を動かして毎日を過ごしましょう。生き生きと人生を楽しんで過ごすことで、消費カロリーもアップ。さらに美しい身体に変わっていきます。ぜひ、食事そのものも楽しんで理想のボディラインを実現してくださいね。

執筆者

Nao Kiyota 美容・健康ライター

Nao Kiyota運営サイト「Self Training Cafe」

関連記事

提供元:    美LAB.

ダイエット関連の記事