小尻&華奢な太ももを実現して。後ろ姿の引き締めに効果的な2つの簡単ポーズ

冬の間、いつのまにか崩れてしまっていた下半身のラインも、肌見せの季節までにはキレイなラインを取り戻したいもの。そこで役立てたいのが、リンパや血液の流れも改善してスタイルアップにも役立つヨガ。そこで今回は特にお尻と太ももを中心にアプローチできる2つの簡単ポーズを紹介します。

デトックス効果大、下半身の引き締めに効く「トリコナアーサナ」

体幹を刺激して股関節の歪みを整える効果があり、下半身痩せや美しいレッグラインへと導いてくれるポーズが「トリコナアーサナ」。内臓の代謝を上げ活性化してくれるので、デトックス効果や消化機能を高める効果も期待できます。

(1)両脚を肩幅より大きめに広げ、背筋を伸ばして真っ直ぐ立つ
(2)息を吸いながら両腕を真横に真っ直ぐに広げる
(3)(2)の姿勢のまま息を吐きながら片方に上半身を倒し、腹式呼吸をしながら3呼吸以上キープする
※左右、それぞれ行います

なお(3)で上を向いた時に上半身が前に倒れて胸の位置が下に落ちてしまうと効果を発揮しませんので、目線が上がり胸がスッキリ開いている状態になるように心がけましょう。

下半身全体の引き締めに効果的な「チェアポーズ」

足首から太腿・お尻にかけて、下半身全体の筋力アップに大変効果的な「チェアポーズ」。背筋強化、肩・胸のストレッチ、扁平足の予防も期待できます。

(1)背筋を伸ばして真っ直ぐ立ち、両腕を真っ直ぐ上げる
(2)(1)の状態から腰を落とすイメージで膝を曲げ、腹式呼吸をしながら3呼吸以上キープする

なお(2)のときに膝がつま先より前に出て“前重心”になると効果を発揮しませんから、背中がまっすぐ伸びている状態をキープするよう心がけましょう。

ヨガの効果を高める3つのポイント

ヨガは下記3つのポイントを心がけて実践することで、より効果が高まります。

(1)鼻呼吸(最小限にエネルギー消費を抑え、外部からの細菌を取り込まない、リラックス呼吸法)で行う
(2)筋肉や内臓、神経レベルに効かせるために、3呼吸以上はポーズをキープする
(3)食後すぐには行わず、2時間ほど経ってから行う

また、ポーズをとる際は必ず安定した平らな床で行ってください。もし自宅にあれば、ヨガマットを使用することをオススメします。ヨガを毎日の習慣に取り入れて、身も心もキレイをキープしていきましょう♪

photo:Akihiro Itagaki ヨガ監修:TOMOMI

関連記事

提供元:    beauty news tokyo

ダイエット関連の記事