女っぽさを演出するには「赤みブラウンシャドウ」がオススメ!【辛幼顔】

赤みブラウンアイシャドウを幅広にオン!

女っぽさを表現する色といえば赤。辛幼顔さんがこれ見よがしに取り入れてしまうと、幼さとのギャップでアンバランスに傾きがち。そこでおすすめなのが、ブラウンにかすかな赤みをプラスしたナチュラル陰影アイシャドウ。昨年の冬はモードな赤シャドウが多く見られたけれど、この春はより日常使いに適したカラーに進化していて、女っぽい空気をまとわせるにはぴったり。面積広めに塗って、陰影と、熱を帯びた色っぽい視線を演出してみて。

使用した赤みブラウンアイシャドウ


重ねる程に深みを増すよう設計された色と質感で、彫深EYEが簡単に。
エレガンス ヌーヴェル アイズ 20 ¥5,500

メイク方法


右下のカラー+左上のカラーをアイホールに、左下のカラーを二重幅よりややオーバーに入れて、赤みをじんわり感じさせる。右下のカラー+左下のカラーを下まぶた全体に入れてソフト囲み目に。

その他の使用コスメ

チークはあえて甘いピンクで抜け感を。
ポール & ジョー パウダー ブラッシュ 003 ¥2,000

とろけるリッチなテクスチャー。じか塗りしてからティッシュオフで質感を抑え、大人っぽい口元に。
資生堂 マキアージュ ドラマティックルージュ RD533 ¥3,000(編集部調べ)

『美的』2017年4月号掲載
撮影/渡辺健太郎(MOUSTACHE・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メーク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/武政(P.76~77、82~85、90 ~93)、小川未久(P.78~81、86~89) モデル/山本舞香、泉 里香、藤野有理、有村実樹 デザイン/Jupe design 構成/安井千恵、野澤早織

関連記事

提供元:    美的.com

ビューティ関連の記事